【Gmail】空き容量を確認する方法! ストレージの上限も解説

Gmailの空き容量を確認する方法をご存知だろうか。本記事では、Gmailの空き容量を確認する方法やストレージの上限に加えて、Gmailの空き容量を増やす方法までまとめて紹介するので、Gmailユーザーの方はぜひ参考にしてほしい。

【Gmail】ストレージの上限はどれくらい?

(Image:Alexey Boldin / Shutterstock.com)

 Gmailで利用可能なストレージ容量をご存知だろうか。プライベート用途からビジネス用途までさまざまな場面でGmailを利用している方は多いが、Gmailの容量についてストレージがいっぱいになるまで気にすることが無い方がほとんどだ。そのため、いざGmailのストレージ容量がいっぱいになってしまうと、Gmailのストレージ容量を増やす方法や空き容量を増やす方法がわからずにGmailでメールの送受信ができなくなってしまう。本記事ではそのような状況になる前に、前もってGmailのストレージの空き容量を確認する方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。また、Gmailのストレージの空き容量を増やす方法についても紹介するので、すでにGmailのストレージ容量に空きが少ない方もぜひ参考にしてほしい。
 はじめに、Gmailで利用可能なストレージ容量の上限について紹介しておこう。GmailはGoogleアカウントに紐付いているサービスのため、Googleアカウントのプランごとにストレージ容量の上限が設けられている。今回は、最もGmailで利用している方は多い、無料のGoogleアカウントでのGmailのストレージ上限容量を紹介する。

・Googleアカウントで使える容量は15GB

 GmailはGoogleアカウントで利用可能なGoogleサービス全体のストレージ容量と利用可能なストレージ容量を共有している。これから、Gmailで利用可能な容量について解説するが、これらの容量はGmail以外のGoogleサービスでストレージ容量を使用した場合にはGmailでは利用できなくなるので注意してほしい。
 Gmailを含む無料のGoogleアカウントで利用できるストレージ容量は基本15GBだ。なお、無料のGoogleアカウントでも各種キャンペーンなどによりストレージ容量が追加される場合がある。

・容量が少なくなる原因は?

 Googleアカウントに付与されている無料のストレージ容量15GBは一見するとGmailでメールの送受信に扱うには十分と思える。だが、実際にはGmailのストレージ容量の空きが少なくなっている方も少なくない。ではなぜ、15GBものストレージ容量がありながら、Gmailの容量が少なくなっているのかその原因として考えられるものをいくつか紹介しよう。
 Gmailで利用可能なストレージの空き容量が少なくなる原因としてもっとも多い原因が、Gmail以外のGoogleサービスでのストレージ容量の使用だ。とくに、Googleドライブでは大容量ファイルを保存することができるので、Gmailで利用する分のストレージ容量を圧迫してしまうことが多い。
 また、Gmailでは25MBまでのファイルを添付ファイルとして送受信できるので、数十Mバイトクラスのメールを大量にやり取りしていた場合、15GBのストレージ容量をじわじわと圧迫していき、Gmailの容量が少なくなってしまう場合が少なくない。
 次項でGmailを利用しているGoogleアカウントのストレージ容量を、Gmailを含む各Googleサービスがどれくらいの割合で使用しているのか確認する方法を紹介するので参考にしてほしい。

【Gmail】容量を確認する方法

 Gmailのストレージの空き容量を確認する方法を紹介する。なお、前述の通りGmailで利用可能なストレージ容量はGoogleアカウント全体で共有されているストレージ容量の一部だ。そのため、今回紹介する確認方法ではGoogleアカウントのストレージの空き容量を確認する方法とGmailがGoogleアカウントのストレージの空き容量に占める利用状況を確認する方法の2つの方法を紹介する。

Gmailのストレージの空き容量を確認する方法として、最も手っ取り早くストレージの空き容量を確認できる方法を紹介しよう。実は、ストレージの空き容量はGmailのメールボックスから確認できる。しかし、通常通りのGmailの使い方では確認しづらい部分がある。Gmailのストレージの空き容量を手っ取り早く確認するには、Gmailのメールボックスを表示して、メール一覧を一番下までスクロールしよう。すると、Gmailの画面左下にGmailに紐付いているGoogleアカウントのストレージの空き容量が表示される。ストレージの使用量に対するGmailが占める割合はわからないが、ストレージの空き容量のみであればここから確認できる。更にGmailがストレージの使用量に占める割合を確認したいときにはここをクリックしよう

Gmailに紐付いているGoogleアカウントのストレージ管理画面が表示される。この管理画面ではGoogleアカウントが利用可能なストレージ容量の上限と、ストレージの空き容量、Gmailやその他Googleサービスが占めるストレージの使用量の割合を把握することができる。今回の画像の場合、アカウント全体では6.38GBの容量が使われているが、実際にGmailが使っている容量は0.6GBしか無いことを確認することができる

【Gmail】空き容量を確認する方法! ストレージの上限も解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGmailGoogleGoogleドライブ】の最新ニュースをいち早くお届けします。