楽天モバイル、新規周波数の獲得で悲願達成なるか? 4大キャリアの仲間入りも近い?

総務省の発表によると、5G向けの新たな周波数の割当に対して、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が申請したことが判明。5Gのシェア争いが激化している様子が見て取れる。
今回はそんな新規周波数の獲得を悲願としている“ある通信キャリア”について、迫っていく。2021年、3大キャリアが4大キャリアに変わるかも?

2018年には見向きもされなかった、周波数が大人気コンテンツに

5Gのシェア争いが本格化してきている

 総務省の発表によると2月12日~3月15日の期間、5G向けの新たな周波数として「東名阪以外での1.7GHz帯」割当への申請を受け付けたところ、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4社の携帯キャリアから申請が集まったことが分かった。今後の総務省による審査を経て、割当先が正式に決まることになる。
今回新たに割当の対象となる「1.7GHz帯(20MHz幅×2)」は、2018年にも募集が行われたが、当時は申請企業の表れなかった周波数。2年あまりの月日が流れ、5Gの導入が本格化する中で、地方での5Gの早い展開を目指して各社参入を決めた模様だ。
 各社は、それぞれ「開設料」を提示したうえで申請を行っているが、金額だけで割当の可否が決まるわけではなく、サービス内容など総合的な面を加味して審査が行われる模様だ。

楽天モバイル、新規周波数の獲得で悲願達成なるか? 4大キャリアの仲間入りも近い?のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5Gプラチナバンド楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。