初めて作ったクレジットカード、3位はイオン、2位三井住友、圧倒的1位はなんと!

クレジットカードに対するアンケートの結果、多くの人々にとって初めてのクレジットカード1位が「楽天カード」であったことが分かった。カードを選ぶ決め手としては、還元率や特典などステータスよりも実用性が若年層にとっては重要である模様。
今回は、そんな初めてのクレジットカード選びの実情と、そこから推測される各社の今後の動向についてお伝えしてく。

楽天カードがビギナーには大人気!選択の決め手は…

初めてのカードを決める決め手はどうやら“お得さ”

 ウェブマーケティング等を手掛けるOffice Withによるアンケート調査「初めてクレジットカードを作ったきっかけや利用年数」についての結果が発表された。内訳をみてみると、「初めて作成したクレジットカード」については、1位「楽天カード」(52名)、2位「三井住友カード」(22名)、3位「イオンカード」(16名)、4位「JCBカード」、「エスポカード」(各11名)となり、楽天カードが他社に比べて2倍近くの差をつけて首位となっていることが判明。カードを選んだ理由については、1位は「勧められた」(48名)となったが、2位以下に「還元率に魅力を感じた」(31名)、「お得になる店があった」(28名)が続き、カードを作成することで受けられる恩恵が大きな決め手となってカードを選んでいる実情が見て取れた。
 同時に、クレジットカードを変更した理由においても「還元率が良くなかった」という回答が1位となっており、導入時も離脱時も、ユーザーは特典に関して非常にシビアである現状が浮かび上がっている。

初めて作ったクレジットカード、3位はイオン、2位三井住友、圧倒的1位はなんと!のページです。オトナライフは、【マネーイオンカードクレカ三井住友カード楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。