Google Playに10個の危険アプリがあった! Androidユーザーが絶対に油断してはいけないこと

現代では多くの人が利用しているであろうスマートフォン。人によってはさまざまなアプリをダウンロードして、通勤時間や空いた時間に楽しんでいるユーザーも少なくないだろう。しかし最近、そんなアプリの中に「危険性が潜んでいる」とされるものが複数あったことが報告された。
今回は、日々の生活を豊かにするために欠かせないアプリが、突然私たちの生活に危険を及ぼす存在になるかもしれないという事実をご紹介していきたい。

Google Playにあった危険なアプリ10個が削除される

(Image:dolphfyn / Shutterstock.com)

世界的なシェアの高いAndroidスマホを狙ったサイバー犯罪は枚挙にいとまがない

 今回、ニュース上で「危険なアプリ」として報じられたのは、Androidスマホでダウンロード可能なアプリ10個だ。アプリからは「Clast82ドロッパー」と呼ばれるものが検出されたといい、スマホユーザーがこれらのアプリをダウンロードするとスマホがハッカーによって制御されるようになり銀行アプリ等の個人情報流出のリスクが生じてしまうようだ。グーグルが運営するAndroidスマホの公式アプリストア「Google Play」では、悪意のあるプログラムが含まれるアプリを弾くセキュリティ対策が施されているが、今回の10件はそのセキュリティをかいくぐっていたようだ。
 現在これらのアプリはすべてGoogle Playから削除されているといい、ひとまずはこれ以上被害が拡大することはなさそうだ。

Google Playに10個の危険アプリがあった! Androidユーザーが絶対に油断してはいけないことのページです。オトナライフは、【アプリAndroidGoogleGoogle Play】の最新ニュースをいち早くお届けします。