テレワーク時に活用したい意外と知らない「iPhone」驚きのワザ

iPhoneにはさまざまなシーンでより使いやすくするための色々な機能が存在していて、一般的にあまり知られていないものも多くある。そのなかには、知っておくとテレワークに役立つ機能も。まだしばらく続くであろうこのコロナ禍でのテレワークをより快適にするために、賢くiPhoneを活用したいものだ。そこで今回は、家で仕事をする際に活躍するiPhoneの機能を紹介する。

iPhone設定の見直しで、仕事も効率アップ?

スマホも今や大切な仕事のツールにひとつ。活用できる機能は知っておきたい

 本来なら通話機能がないMacやiPadだが、Wi-Fi経由でiPhoneの通話を利用できることをご存知だろうか?とくに難しいことはなく、iPhoneを以下の手順で設定するだけだ。
・「設定」→「電話」→「他のデバイスでの通話」をタップ、許可のスイッチをオン
・画面下部に対象となるデバイスが表示されるので、許可するもののスイッチをオン
 そうすると、同じiCloudアカウントにサインインしているデバイスが近くにあり、Wi-Fiに接続されている場合、そのデバイスでの電話の発信と着信が可能となる。発信をする場合は、iPhoneで上記の設定をした上で、MacやiPadのFaceTimeアプリの設定で「iPhoneから通話」のスイッチをオンにしておけば、FaceTimeアプリ上から発信が可能になる。

 次に紹介するのは、身の回りの音をiPhoneで視覚的に表示させる機能。音楽を聴いていたりWeb会議をしていたりしていてイヤホンをつけていて、インターホンの音を聞き逃して宅配便を受け取れなかった…といった経験はないだろうか。そんな苦い思いを防ぐためにはiPhoneの「サウンド認識」の設定を見直してみよう。
・「設定」→「アクセシビリティ」→「サウンド認識」をタップ
・「サウンド認識」のスイッチをオン
・「サウンド」をタップ、「ドアベル」や「ドアのノック」「水の出しっ放し」「赤ん坊の泣き声」など11種類のサウンドから必要なもののスイッチをオン
 この設定をしておくと選択したサウンドをiPhoneが聞き取り、通知をしてくれるようになる。これならイヤホンをして会議をしていても、机の上のiPhoneが来客を教えてくれるし、うっかり洗面所の水を出しっぱなしで大惨事を引き起こしてしまうことも防げるだろう。

テレワーク時に活用したい意外と知らない「iPhone」驚きのワザのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。