Apple Watchの標準「マップ」なら画面を見ずに目的地までたどり着けるって知ってた?

外回りの多いビジネスパーソンなら、スマホのマップ検索は欠かせないだろう。だが、スマホでマップ画面をチラチラと見ていたせいで、人や看板などにブツかったりして危険な目に遭うことも……。そんなときは、Apple Watchの標準地図アプリ「マップ」がオススメ。Apple Watchの「マップ」なら画面をほぼ見ないで目的地までスムーズに案内してもらえるのだ!

影が薄かったiOS標準地図アプリ「マップ」だが……

(Image:Africa Studio / Shutterstock.com)

 スマホの地図アプリを利用しているのに、道に迷って打ち合わせによく遅刻するという人はいないだろうか? そんな方向音痴なアナタにはApple Watchの標準地図アプリ「マップ」がオススメ。
 そもそも、Apple Watchでは地図アプリが2つ利用できる。ひとつは「Googleマップ」、そしてもうひとつが「マップ」だ。「マップ」はiOSの標準の地図アプリだが、グラフィックも使用感も「Googleマップ」には及ばないため、iPhoneで使っている人は少ないと思う。実際、筆者も使いづらい「マップ」はiPhoneを買い替えるたびに速攻でホーム画面から消去してきたが、Apple Watchを購入してからというもの、今ではすっかり「マップ」ファンになってしまった。というのも、Apple Watch上で経路検索をする際、地図表示ができるのは「マップ」だけ。しかも、「マップ」なら振動による高度なナビゲーションも利用可能なのである。

(Image:ARIMAG / Shutterstock.com)

Apple Watchは「Googleマップ」と「マップ」が利用できるが、Apple Watchで地図表示ができるのは「マップ」だけだ

Apple Watchの標準「マップ」なら画面を見ずに目的地までたどり着けるって知ってた?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidApple WatchApple Watchマップ】の最新ニュースをいち早くお届けします。