インスタ、成人から18歳未満へのDM禁止へ…接触制限はSNSのスタンダードに?

今やほとんどの若者がアカウントを持っているインスタグラム。国内のユーザー数は3,300万人(2019年3月時点)を超え、LINE、Twitterについで3位だ。画像や短い動画を投稿し合うSNSとして発達したインスタグラムだが、現在その利用用途は多岐にわたる。ハッシュタグ検索を使って知りたい情報にアクセスするリサーチ手段“タグる”が若年層の間で主流になっていたり、LINEではなくインスタグラム内のDM(ダイレクトメッセージ)で普段のやりとりを行っていたりする人もいるのだとか。特に10~20代前半のユーザーにはこれらの利用用途が自然に馴染んでおり、インスタグラムが生活の一部になっている若者も少なくないはずだ。
しかし、インスタグラムをはじめとするSNSには危険な側面もある。今に始まったことではないが、SNS上の出会いがきっかけとなって、若年層のユーザーが誘拐や詐欺といった事件に巻き込まれるケースが後を絶たない。そして、そのほとんどにユーザー同士で直接メッセージのやり取りを行うコンテンツ“DM”が絡んでいるのも事実だ。こうした課題に、先陣を切って対策しはじめたのがインスタグラムである。

フォロワーではない18歳未満ユーザーへのDM送信を禁止

疑わしい行動が見られるユーザーには規制の強化も?

 インスタグラムは米国時間3月16日に、18歳未満のユーザーと、フォロー相手ではない成人ユーザーとのDMを制限することを発表した。規約の導入は、「成人からの望ましくないコンタクトから未成年を守ること」が目的だという。また、成人が未成年に成りすますのを防ぐために、18歳未満のユーザーに執拗にDMを送るなど疑わしい動きがみられたユーザーには、「発見」や「おすすめユーザー」で未成年ユーザーのコンテンツに接触しないようにしたり、未成年ユーザーの投稿に対するコメントを自動的に非表示にしたりなど対策が行われるようだ。さらに、インスタグラムに新規登録する未成年ユーザーには、非公開アカウントにするよう呼びかけるという。この機能は3月から順次適用される。

インスタ、成人から18歳未満へのDM禁止へ…接触制限はSNSのスタンダードに?のページです。オトナライフは、【SNSDMInstagramSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。