「LINE」の危険性は? セキュリティを高める対策は?

スマホユーザーのほとんどの方が利用していると言っても過言ではない「LINE」だが、「LINE」の危険性を心配している方もいらっしゃるかと思う。そこで本記事では、「LINE」の危険性や「LINE」のセキュリティを高める対策を紹介するので参考にしてほしい。

「LINE」とは

(Image:Nopparat Khokthong / Shutterstock.com)

 多くの方が毎日利用しているアプリ「LINE」だが、「LINE」の危険性について耳にしたことはないだろうか。とくに、「LINE」が登場した2011年~2013年頃は「LINE」の危険性について発言している方が多かった。その流れから「LINE」の危険性について疑念を持ち、周りに促されながらも「LINE」を利用していない方もいらっしゃるかと思う。
 そこで、まだまだ一部の方からの指摘が多い「LINE」の危険性について記事にまとめたので「LINE」の危険性についての懸念事項や「LINE」のセキュリティを高める対策でお悩みの方はぜひ参考にしてほしい。

・親会社は韓国企業

 そもそもなぜ「LINE」の危険性を訴える声が多いのかその理由について紹介しよう。「LINE」の危険性について訴える声で最も影響が大きいと思われるものをまとめると、「LINE」の親会社が韓国企業だという理由が見えてくる。
 現在、「LINE」は「LINE株式会社」という日本法人が運営しているがこの法人はもともと「NHN Japan株式会社」という韓国の「NHN株式会社 (現Never)」の完全子会社であった。そのため、当時から「LINE」アプリは韓国系アプリという認識を持った方が一定数存在し、「韓国系」という理由でインターネット上の一部ユーザーが「LINE」は危険性の高いアプリだと訴えていたのだ。
 そのような中、「LINE」アプリ自体の挙動についても不審な点が浮上した。「LINE」には友だちを追加するための機能で「LINE」アプリが端末に保存されている連絡帳の連絡先をサーバーにアップロードする機能を搭載している。「LINE」アプリが普及した当時、このような挙動を行うアプリは少なく、「LINE」アプリでは実際に友だち追加した覚えがないユーザーが「LINE」アプリ上に表示されたということで個人情報漏洩の危険性を訴える声も多くなったのだ。
 また、2014年には「LINE」アプリでやり取りしているテキストメッセージや通話データを韓国政府が傍受しているのではないかという疑惑まで持たれた。このような背景があり、2021年の現在においても「LINE」アプリの危険性を訴える声は少なくないのだ。
 だが、「LINE」アプリは現在日本国内において圧倒的シェアを占めるメッセージアプリとして確率されている。また、2021年3月1日には国内インターネット大手である「ヤフー」との経営統合を行なったこともあり、これまでの韓国系危険アプリという印象を持っているユーザーもよりいっそう少なくなっていくと考えられる。
 とくに、「LINE」アプリを利用している中高生は携帯・スマホを持った当時から「LINE」アプリがメッセージアプリとして確立されており、「LINE」アプリについて一切の危険性やセキュリティに対する疑念を持っていない方が多い。

「LINE」の危険性は? セキュリティを高める対策は?のページです。オトナライフは、【SNSLINE】の最新ニュースをいち早くお届けします。