ヤフー、楽天市場に挑戦状か? ヤマト運輸との協業で業界3位を覆せるか

“ソフトバンク経済圏”vs“楽天経済圏”のバトルがさらに白熱することになるかもしれない。というのも、ソフトバンク経済圏の一翼を担う「ヤフー」が、ヤマト運輸とタッグを組んでECサイト業界3位に甘んじている状況からの脱却をもくろむ動きが見られているのだ。ECサイトといえば現在「楽天市場」と「Amazon」が二大勢力と言っていい状況。そんな中で後塵を拝するヤフーがヤマトと協業を進めることで、配送料や配送方法の見直しを図り業界での存在感アップを狙っているようだ。
今回はヤフーがシェア拡大を目指す動きと、そこから変化が生まれるかもしれない経済圏争いについてご紹介していきたい。

ヤフーがヤマト運輸と手を結び業界シェア拡大を目指す

ポータルサイトのヤフーにはECサイトをはじめ様々なサービスが存在する

 EC業界のトップを走る楽天市場は、2020年度の国内EC流通総額は4兆4,510億円だったことが明らかとなっている。前期比からは19.9%増で、コロナ禍によるECサイトの利用需要を確実に獲得したようだ。また、Amazonも日本事業の売上高は2兆1,893億円となり前期比25.5%増を果たしたことが報じられている。一方でヤフーは2020年5月に発表した限りでは、「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」といったECモールの取扱高は1兆347億円とされている。2トップ同様コロナ禍での成長はあるだろうが、それでも倍増しAmazonと肩を並べるほどになるとは考えづらく、業界3位と見てよいと思われる。
 そんなヤフーの拡大戦略として、今回のヤマトとの協業が始まったのだろう。2社はYahoo!ショッピング・PayPayモールに出店する販売店に対して、既にサービス利用のための手続きの簡略化や配送料金の全国一律化に対応したといい、さらに当日配送の注文も5月から首都圏を中心に進めていくとしている。

ヤフー、楽天市場に挑戦状か? ヤマト運輸との協業で業界3位を覆せるかのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフYahoo!ソフトバンクソフトバンク経済圏ヤマト運輸】の最新ニュースをいち早くお届けします。