MNPできない! ソフバン「LINEMO」初日に不満の声続出で先行逃げ切り失敗か

大手3社に先駆けて、いよいよサービスが開始したソフトバンクのサブブランド「LINEMO」。初日から多くの人がMNPの手続きをしたようだが、ある点が契約へのハードルになってしまっていることが判明した。
今回はLINEMO契約への思わぬ関門と、この問題が大手3社のサブブランド争いに与える影響について考えていきたい。

実はふたつ目の電話番号が必須だった…。

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

3社に先駆けてサービスを開始したLINEMO

 菅義偉内閣総理大臣が就任直後から熱心に取り組んできた「携帯電話料金引き下げ」。総理大臣のお墨付きということで、いわば国を挙げての政策となっているようで、「ドコモ」、「au」、「ソフトバンク」の大手3社もそれぞれ値下げ要請を受けて「ahamo」、「povo」、LINEMOのサブブランドを発表。各社共にそれぞれ特徴はあるものの、おおむね従来よりも安い3,000円ほどのプランを導入した。
2社に先行する形で、どこよりも早く3月17日にサービスを開始したLINEMO。しかし、MNPに必要な“ある要素”のせいで申し込みがしづらいと初日から不満が集まったようだ。それが「“転入予定の電話番号”以外の電話番号」だ。MNPの手続きを進めるために、乗り換え用の電話番号以外に、認証コードを受け取るために固定電話や、他の携帯電話の番号が必要になっていたのだ。自宅に固定電話をひいていない人からすれば、友人や家族から携帯電話を一時的に借りなければならずとても不便。「一人で契約を済ませられない」と初日から不満が噴出してしまったようだ。

MNPできない! ソフバン「LINEMO」初日に不満の声続出で先行逃げ切り失敗かのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidLINEMOMNPY!mobileスマホソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。