スマホの充電ケーブル挿しっぱなしは「科学やけど」?になる可能性も!

家庭の充電ケーブルに実は「やけど」の危険性があることが分かった。「独立行政法人製品評価技術基盤機構」の発表によると、ケーブルによるやけどは、私たちの体からでる“あるもの”によって引き起こされていることが判明した。
今回は、ケーブルのもつ思わぬやけどの可能性とその原因、そして今後の対策について考えていきたい。

部屋中に充電ケーブルが…。その環境危険かもしれません

身近なもののほとんどがケーブルから電気を得ています

 スマホやBluetoothイヤホン、その他にもタブレットや家庭用ゲーム機など、私たちが生活の中で使う、多くのものには充電式のバッテリーが搭載されている。そしてそれらの多くは、USBポートなどに「Lightningケーブル」や「Type-Cケーブル」や「Micro-Bケーブル」などの各種ケーブルを差し込む形で充電をしている。「枕元やリビングなど、部屋中のいたるところでスマホが充電できるようにケーブルが…」。なんて方も少なくないはずだ。しかしその挿しっぱなしケーブルに実は大きな危険性があることが分かった。

スマホの充電ケーブル挿しっぱなしは「科学やけど」?になる可能性も!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフスマホバッテリー充電ケーブル科学やけど】の最新ニュースをいち早くお届けします。