Web上の動画を録画できるChromeの拡張機能「Loom」の初期設定と基本的な使い方を解説

SNSや動画共有サイトには、毎日大量の動画がアップロードされている。しかし、公開期間が過ぎたり動画が削除されてしまい、突然お気に入り動画が見られなくなってしまうこともある。そこで、おすすめしたいのが、「Chrome」上でWeb動画を録画できるのプラグイン「Loom(ルーム)」だ。「Loom」で録画しておけば、いつでもお気に入り動画を再生できるぞ!

Web上の動画が消えてしまう前に「Loom」で録画!

 動画配信サービスの代名詞「YouTube」では、現在毎分500時間分の動画がアップロードされているという。ほかにも「Dailymotion」や「FC2動画」、「Instagram」や「TikTok」といったSNSの動画コンテンツも加えると、数え切れないほどの動画が公開されている。しかし、これらの動画は公開期間が過ぎたり、サイトや投稿者が動画を削除してしまう場合もある。こうなるとお気に入りの動画を二度と視聴することはできないのだ。
 そんなことになる前に「Loom(ルーム)」を導入してみよう。「Loom」はWebブラウザ「Chrome」の拡張機能(プラグイン)で、パソコンのデスクトップ画面に表示している動画を録画でき、MP4形式でクラウド上に保存できる優れもの。録画した動画をローカルにダウンロードしておけば、いつでもオフラインで楽しめるのだ。

まずは下記のリンクから「chrome ウェブストア」の「Loom for Chrome」を探そう。「Loom for Chrome」が表示されたら「Chromeに追加」をクリックすればいい(上写真)。次に確認画面が開くので「拡張機能を追加」を選ぶ(下写真)

サインイン画面が表示されたら、Googleアカウントを使用するので「Sign up with Google」をクリックして該当のアカウントを選ぶ(上写真)。アカウントが認識されたら「I Agree」をクリックして初期設定は完了だ(下写真)

Web上の動画を録画できるChromeの拡張機能「Loom」の初期設定と基本的な使い方を解説のページです。オトナライフは、【動画・音楽GoogleGoogle ChromeLoom拡張機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。