Web上の動画を録画できるChromeの拡張機能「Loom」の初期設定と基本的な使い方を解説

「Loom」の基本的な機能を確認しておこう!

「Loom」を使う前に録画設定を確認しよう。まず、「Loom」では動画画面だけでなく、デスクトップ全体、Webカメラ(パソコンのインカメラ)なども録画可能。また、音声の録音設定も動画のみ、パソコン全体、外部マイクのみといった選択肢があるので、目的に合った設定にしておこう。たとえば、遠隔操作で誰かにパソコンの操作方法を教える場合には、デスクトップ全体の操作画面を録画しつつ、操作を説明する自分の顔と声をWebカメラ+マイクではめ込んで録画することもできるのである。
 もちろん「Loom」はChromeのプラグインなので、動画録画用に新たにソフトをインストールする必要もなく、録画中にパソコンの動作が極端に重くなることもない。Googleアカウント登録と録画設定さえ済ませたら、すぐに利用できるのがうれしい。

■Loomの録画設定
「Screen and Camera」画面とインカメラの録画
「Screen Only」画面のみ録画
「Camera Only」インカメラのみ録画
「Full Desktop」デスクトップ全体(アプリ画面)を録画
「Current Tab」Chromeで開いているタブを録画

「Loom」の設定を開くには、「Chrome」のアドレスバー右にある拡張機能アイコンをクリックし「Loom for Chrome」を選択(上写真)。次に録画対象で設定で「Screen Only」(画面のみ)を選択しよう。「Screen and Camera」は画面とインカメラ、「Camera Only」インカメラのみ録画になる(下写真)

「Loom」で録画するときの設定はやや複雑

「Loom」の録画設定が完了したら、さっそくWeb動画を録画してみよう。だが、その前に注意したい点が2つある。まず、「Loom」でマイクをオンにしていると周囲の音を拾ってしまうこと。次に、正しく設定しないと、録画画面に様々なアイコンが映り込んだ状態で録画されてしまうことだ。
 まず、Webサイトの動画を録画するときは全画面再生にすること。そして「Loom」の設定は「Screen Only(画面のみ)」、「Current Tab(Chromeのタブのみ)」、外部マイクはオフにする。そして「Advanced Options」では「include Tab Audio(Chromeのタブの音声)」のみをオンにしよう。録画開始は「StartRecording」を押せばいい。このとき、「Control Mene(コントロールメニュー)」をオフにしないと録画画面に映り込んでしまう。当然、コントロールメニューがないと操作に困るだろうが、録画を停止するときはキーボードで「Shift」+「Alt」+「L」の同時押しで操作すれば大丈夫だ。
 なお、「Loom」で録画した動画は自動的に「Loom」の公式サイトのサーバにアップロードされ、マイページから再生できるが保存期間は7日間だ。早めにマイページから動画をダウンロードして保存しておこう。

録画したい動画の再生準備をしたら、Chromeの拡張機能で「Loom for Chrome」を選び「Loom」を起動(上写真)。次に画面左下にあるGoogleアカウント部分にカーソルを合わせて、×ボタンで閉じる(下写真)。こうしないと、録画画面にGoogleアカウントも映り込んでしまうのだ

各種設定を確認したら「Start Recording」をクリックすれば録画が開始される(上写真)。Web動画は全画面再生しよう。コントロールメニューがなくても、キーボードの「Shift」+「Alt」+「L」の同時押しすれば録画停止される(下写真)

録画停止すると自動で「Loom」のマイページが開き動画の再生が始まる。このとき、オフラインで録画した動画を観たい場合は、画面右上の「…」から「Download」を選んで録画した動画をダウンロードすればいい(下写真)

●Loomの入手は→こちら

Web上の動画を録画できるChromeの拡張機能「Loom」の初期設定と基本的な使い方を解説のページです。オトナライフは、【動画・音楽GoogleGoogle ChromeLoom拡張機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。