楽天、PayPayなどネット銀行の躍進で“メガバンク離れ”の危機! 振込手数料値下げ程度では

いま、銀行業に大きな転機が訪れようとしているのかもしれない。各種ネット銀行の隆盛やメガバンクの相次ぐ失態によってパワーバランスが崩れはじめている。これまでは新卒の就職人気企業のランキングで上位の常連だった三菱UFJ・三井住友・みずほのメガバンク3行も少々人気にかげりが見えてきているとも言われており、“盤石”というイメージからは変化してきているのかもしれない。
今回は、メガバンクをはじめとした実店舗をもつ銀行の変化や、ネット銀行の人気上昇の要因等をお伝えしていきたいと思う。

10月から銀行振込の手数料が安くなる?

それぞれのパーソナルカラーが特徴的なメガバンク3行

 全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)は3月18日、これまで40年以上据え置かれていた銀行間の送金手数料を10月1日に一律62円へと引き下げることを公表した。これまでは「3万円未満117円(税抜)、3万円以上162円(税抜)」だったが大幅な見直しとなった。各銀行はこの手数料をもとに独自に手数料を設定しているが、「大元が安くなったのだから銀行も手数料を下げろ」というユーザーの声があがることは必至。どこの銀行も見直しを図ることが予測される。

 40年ぶりの変革が起きた銀行業界だが、近年はかつての“メガバンク信仰”も鳴りを潜めネット銀行が続々とユーザーを増やしている。1月には楽天銀行がインターネット銀行で初めて口座数1,000万口座を突破。4月5日から「PayPay銀行」へと名称を変更するジャパンネット銀行も、2月に普通預金口座数が500万口座に達したことが報じられている。近年は各種キャッシュレス決済との連携も深めるケースが多く、QRコード決済等の人気に後押しされネット銀行が躍進を遂げているイメージもある。

楽天、PayPayなどネット銀行の躍進で“メガバンク離れ”の危機! 振込手数料値下げ程度ではのページです。オトナライフは、【マネーPayPay銀行ネット銀行メガバンク楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。