クレカ「リボ払い」は魔法の支払い方法なのか? ユーザーの約8割が「もう使いたくない」との声

CMでよく使われる「ご利用は計画的に」という言葉は、ただの比喩ではなかったのだ。キャッシュレス決済のひとつクレジットカードを使って「『リボ払い』を利用したことがある」ユーザーを対象としたアンケートの結果が公開された。それを読み解いていくと、直接的には書かれていないが「気軽に使って後で後悔した…」といったユーザーの重い思いが見えてくるような内容となっていた。
今回は、リボ払いを利用したユーザーたちの「リボ払いをした理由」や、その後の意識の変化等をご紹介していきたい。

リボ払いは魔法の支払い方法?

クレジットカードの中にはリボ払いに対応しているカードも存在する

 そもそもリボ払いとは、リボルビング払いの略称で「分割払い」のように複数回に分けて支払いを行う方法だ。分割払いとの違いは分割払いが「10回払い」など回数を基にした金額を支払っていく。それに対して、リボ払いでは「ユーザーが設定した支払金額」を支払っていく形式。どれだけ使っても毎月の支払いは一定のため、「月々の支払いを安定させたい」というニーズを満たす、と言われている。

 しかし当然ながら完済しなければならないため、支払総額の大きさと毎月の支払額の差によっては長期にわたって支払いを続けなければならないこともあり得るのだ。その際に手数料等が総額にプラスされていくこともあり、支払金額の設定が小さすぎると手数料ばかり払っている、という事態に陥りかねないのだ。日本クレジットカード協会でも、「リボ払いの特徴と利用上の注意」というページを作成し無理のない利用をユーザーに呼びかけている。

クレカ「リボ払い」は魔法の支払い方法なのか? ユーザーの約8割が「もう使いたくない」との声のページです。オトナライフは、【マネークレカリボ払い】の最新ニュースをいち早くお届けします。