ドコモ「ahamo」が突如キャンペーン枠拡大、その裏に見え隠れする理由とは…

期待の新料金プランの船出に、早くも暗雲が立ち込めてきているのかもしれない。3月26日10時から受付をスタートさせたドコモの新プラン「ahamo」なのだが、そこで行われていた「ahamo先行エントリーキャンペーン」が、終了直前になって急遽キャンペーンの対象者の枠を拡大したのだ。はたしてその突然の路線変更が意味するものとは…。
今回は携帯料金値下げ競争でahamoが放った存在感と、その弊害について考えていきたい。

ahamo、急遽のキャンペーン条件緩和を実施

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

破格の新プランとして大きな注目を集めたahamo

 ドコモが3月25日まで行っていたahamo先行エントリーキャンペーンでは、「混雑緩和のご協力のお願い」として混雑の予想されるサービス開始直後を避けて申し込んだユーザーに対し、先行エントリーで進呈されるdポイント(期間・用途限定) 3,000ポイントに加えて、さらに3,000pt(期間・用途限定)を追加進呈すると告知していた。
 その追加進呈の条件として

・先行エントリーキャンペーンに応募していること
・ahamoご契約のお申込みを2021年4月15日~2021年5月31日までに実施いただくこと
・ahamoご契約のお申込み内容が「ahamo新規契約」もしくは「ahamoオススメ機種購入」であること

の3つの条件が設定されていたのだが、キャンペーン最終日の25日になって突然、3つ目の「ahamoご契約のお申込み内容が『ahamo新規契約』もしくは『ahamoオススメ機種購入』であること」が条件から外されたのだった。

ドコモ「ahamo」が突如キャンペーン枠拡大、その裏に見え隠れする理由とは…のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidahamoドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。