サムスン、折りたたみスマホのシェア率91.5%! 2021年も普及のけん引役となるか

2021年は5Gだけでなく折りたたみスマートフォンも流行することになるかもしれない。2020年に世界で販売された折りたたみスマホの台数は、前年に比べて10倍にも膨れ上がったのだという。加えて現在ではアップルやグーグルでも折りたたみスマホを開発している、とする情報も多々流れてきている。
かつてはガラケーも折りたたみ式の登場後、一気に市場の主流が折りたたみへと変わっていったが、はたしてスマホでも同様の現象は起きるのだろうか。

サムスン折りたたみスマホ、2020年に大躍進!

(Image:Framesira / Shutterstock.com)

“画面を折り曲げる”という技術が開発の一番のポイントとなるようだ

 調査会社・DSCCによると、2020年の1年間のうちに世界中で販売された折りたたみスマホは220万台(巻き取りディスプレイ式を含む)で、前年比1,000%増となったという。とくに2020年第4四半期(10月~12月)に限って見れば韓国のスマホメーカー・サムスンが91.5%のシェアを獲得しているといい、現在の折りたたみスマホ業界はサムスンを中心に回っていると考えて良さそうだ。日本国内でも、縦折り型でコンパクトになる「Galaxy Z Flip」などのサムスン製品が折りたたみスマホの主流となっており、今後も折りたたみスマホ普及のけん引役となってくれそうだ。

 一方他社でも2021年に入りモトローラの「motorola razr 5G」が、ソフトバンク版・SIMフリー版をリリース。ソフトバンクでは、サポートを適用すると「razr 5Gを実質10万円弱で買える」ようになっている。そうした各社のキャンペーンも折りたたみスマホ普及の推進力となっていくことだろう。

サムスン、折りたたみスマホのシェア率91.5%! 2021年も普及のけん引役となるかのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidSAMSUNGスマホ折りたたみスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。