仕事に集中できない原因、3位は「音」、2位は「プライベート」1位の理由とは?

株式会社ビズヒッツの行なった調査によると、実に80%もの人が仕事に集中できない時があると感じていることが分かった。その理由として挙げられた上位には「プライベート」、「音」といった原因が並びその1位は…。
今回はこの調査結果から見えてくる、社会情勢と集中力持続の関係性と今後の変化について予測していきたい。

およそ80%の人が仕事に集中できていない現代社会

仕事に集中できない時ありませんか

 株式会社ビズヒッツでは、「仕事に集中できない理由」について働く男女500人を対象に調査を行なった。その中で、「あなたは仕事に集中できないときがありますか?」という項目に関して、「よくある」と答えた人は17.4%、「たまにある」と答えた人は63.6%となり、およそ8割以上の人たちが「仕事に集中できない」という感情を抱く時間があることが判明した。
仕事に集中できないことがあると答えた人に対してその理由を調査したところ、1位が「体調に問題がある」(136人)、2位に「プライベートに気をとられている」(103人)、3位に「音が気になる」(58人)という結果が挙げられていた。
 1位に挙げられた睡眠時間や疲労度などの体調問題は、個人が注意を払うことで解決できそうなものであるが、それだけ人々の仕事の質は「業務時間中以外の過ごし方」も大きく影響するということではないだろうか。有給休暇やフレックス制度など「働き方改革」を福利厚生の面から企業が推進し「社員の余暇の時間」までしっかりと面倒を見ることが、実は一番業績の向上につながるのかもしれない。

仕事に集中できない原因、3位は「音」、2位は「プライベート」1位の理由とは?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス仕事に集中できない】の最新ニュースをいち早くお届けします。