【Windows 10】仮想メモリの設定方法やサイズの変更方法など詳しく解説!

Windows 10で仮想メモリの設定を行う方法をご存じだろうか。本記事では、Windows 10で仮想メモリの設定を行う方法、仮想メモリのサイズを変更する方法を紹介するので、Windows 10で仮想メモリでお困りの方はぜひ参考にしてほしい。

仮想メモリとは?

 Windows 10で仮想メモリの設定を行う方法、仮想メモリのサイズの変更方法をご存じだろうか。本記事ではWindows 10で仮想メモリの設定を行う方法、仮想メモリのサイズの変更方法について紹介するが、Windows 10で仮想メモリの設定を行う際にはそもそも仮想メモリとはどのようなものか正しく理解しておかなければならない。はじめに、仮想メモリとはどのような物なのか紹介するので仮想メモリについておさらいしてほしい。
 PCには物理的にメモリが搭載されている。このメモリはシステムがCPUとデータをやり取りする際に一時的に利用するための領域だ。メモリはデータを保存しているストレージとは異なり超高速でデータのやり取りを行える代わりに高価であり、電源を切るとデータが消えてしまう性質を持っている。また、HDDやSSDなどの補助記憶装置と比較すると高価である。そのため、システムが利用できるメモリは簡単に増量することができない。
 しかし、メモリのサイズが小さい場合システムの動作が遅くなってしまう場合がある。このような時に利用されるのが仮想メモリだ。仮想メモリは補助記憶装置上の一部の領域をメモリとして使う技術だ。これによって速度は遅いが見かけ上のメモリサイズは広く利用することができるのだ。

【Windows 10】仮想メモリの設定方法やサイズの変更方法など詳しく解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスwindows10仮想メモリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。