Google Chatが大幅進化! 新たな機能獲得でビジネスチャット業界に旋風を起こせるか?

Googleのサービスがさらに利便性を増すようだ。ビジネスで使えるメッセージングアプリ「Google Chat」が、大幅にリニューアルされることが発表された。今回の変更では、Web版・プログレッシブWebアプリケーション(PWA)版のユーザーインターフェイス(UI)に手が加えられることになり、同じGoogleのフリーメールサービス「Gmail」を利用しているユーザーは大幅に使いやすくなるようだ。
今回は、そんな生まれ変わったGoogle Chatが、ビジネスチャット業界で存在感を増していくかもしれない事態についてお伝えしていきたい。

Google Chatが大幅リニューアル

(Image:Jarretera / Shutterstock.com)

GmailはGoogleの提供サービスの中でも存在感のあるサービスのひとつだろう

 3月22日に発表され24日に実装されたGoogle Chatの新たなデザインはGmailのチャットと共通化されており、“ハンバーガーメニュー”とも呼ばれる三本線の「メインメニュー」や検索窓、さらに右側には「サポート」「設定」「Googleアプリ」「Googleアカウント」といったボタンが並ぶ。
 Web版では、ハンバーガーメニューをタッチすることで、その下に並ぶ窓を開いたり格納したりできるシステムもGmailと共通だ。さらに右側の「サイドパネル」には「Google カレンダー」等を並べ、登録されたスケジュールや各種祝日等を素早く確認することも可能だ。

Google Chatが大幅進化! 新たな機能獲得でビジネスチャット業界に旋風を起こせるか?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスChatworkGoogleGoogle ChatSlackチャットツール】の最新ニュースをいち早くお届けします。