「TweetDeck」は日本語化できる? 日本語化にする方法は?

「TweetDeck」を利用しているだろう。「TweetDeck」は英語のサービスだ。そこで本記事では、「TweetDeck」を日本語で利用できるのだろうか、「TweetDeck」を日本語で利用するにはどうすればいいのかという疑問について解説しよう。

「TweetDeck」とは

 本記事では、「TweetDeck」を日本語で利用できるのか、日本語で「TweetDeck」を利用する方法とはどのような方法なのかについて解説するが、そもそも「TweetDeck」とはどのようなサービスで何ができるのかご存じだろうか。
 はじめに、「TweetDeck」とはどのようなサービスであり何ができるのかについて紹介するのでまずは「TweetDeck」とは何かについておさらいしてほしい。

・Twitter管理ツール

 「TweetDeck」とはブラウザで利用できるTwitterの管理ツールだ。「TweetDeck」はTwitterとはURLや操作方法異なるTwitterの外部ツールだが、「TweetDeck」の運営は数年前にTwitter社に買収されているため、「TweetDeck」はTwitterの公式ツールということができる。

・おもな機能

 「TweetDeck」とはTwitter公式の外部ツールだということが分かった。では、公式のブラウザ版Twitterと「TweetDeck」の機能にどのような違いがあるのだろうか。「TweetDeck」の機能とはどのような物なのか気になるところだろう。「TweetDeck」の機能とはどのような物があるのか紹介しよう。公式のブラウザTwitterを利用している方はそれらを思い出しながら参考にしてほしい。
 「TweetDeck」は基本的には公式ブラウザ版Twitterで行えることと機能は変わらない。だが、その使い方・ブラウザ画面のレイアウトに大きな特徴がある。公式ブラウザ版Twitterではタイムラインと通知などを同時に閲覧するといった使い方はできない、それに対して「TweetDeck」では「カラム」というブラウザ画面構成が利用されており、「カラム」で設定したタイムラインや通知を同時に確認することができる。そのため、「TweetDeck」を利用すればタイムラインを確認しながら通知も確認するといったTwitterの使い方ができるのだ。
 また、「TweetDeck」のタイムラインカラムや通知カラムは自由に追加・削除・入れ替えができる。そのため、ブラウザの画面上を自分好みにアレンジできるのが魅力だ。

「TweetDeck」にアクセスすると、画面右側に各種カラムが表示される。標準状態の「TweetDeck」でもホーム(タイムライン)カラム、通知カラム、メッセージカラム、トレンドカラムを同時に閲覧できる。また、設定を行うことで別のTwitterユーザーのアカウントがフォローしているユーザーからその人のタイムラインを再現するカラムを追加することが可能だ

「TweetDeck」の左側には各種操作画面が表示されている。「TweetDeck」でツイートやツイート予約を行うにはこの左側の操作画面を利用する。使い方を覚えてしまえば非常に使い勝手がいいのでオススメだ

「TweetDeck」は日本語化できる? 日本語化にする方法は?のページです。オトナライフは、【SNSSNSTweetDeckTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。