マンションのネット速度がたった3,000円のハブに交換しただけで4倍にアップした!

筆者のマンションでは、先日ネット回線が100Mbpsから1G(1,000M)bpsにする工事が行われたが、実際にスピードを測ってみると下り84Mbps程度しか出ておらずガッカリ……。しかし、良く調べてみると、自室の「スイッチングハブ(以下ハブ)」が1Gbpsに非対応であることが分かった。そこで、自分で1Gbps対応のハブに交換してみたところ、いきなり下り320Mbpsを記録。従来の4倍近くの爆速になったのである。今回は、ハブを自分で交換してネットを速くする方法を写真付きでじっくり解説しよう。

1Gbpsのハズなのに84Mbpsしか出ていない原因は?

 アナタのマンションのネット回線はどのくらいの速度が出ているだろうか? 実測で下り30~60Mbps程度出ていればネット閲覧程度なら何も不自由はないだろうが、テレワークで大容量データをアップロードするならネット回線は速いほうが快適だろう。
 実は、筆者のマンションでは、先日ネット回線が100Mbpsから1G(1,000M)bpsに変更する工事が行われた。ウキウキしながら工事後にネット回線のスピードを測ってみると下り84Mbps、上り90Mbps程度しか出ていない! これでは以前と変わらないじゃないか……。だが、よく調べてみると、自室の「ハブ」が1Gbpsに対応してないことが分かった。ちなみにハブとは、1本のLANを複数に分配する機器のことで、これがボトルネックになっていたのである。そこで筆者は、さっそくAmazonで1Gbps対応ハブを購入して、自分で交換してみた。果たしてその結果は!?

(Image:speedtest.net)

1Gbps対応工事後に「SPEEDTEST」でスマホのネット速度を計測したところ、下り84Mbps、上り90Mbps程度しか出ていない。どうして!?

マンションのネット速度がたった3,000円のハブに交換しただけで4倍にアップした!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWi-Fiルーターネット回線ハブマンション】の最新ニュースをいち早くお届けします。