マンションのネット速度がたった3,000円のハブに交換しただけで4倍にアップした!

たった2,355円のハブ交換でネットが4倍爆速に!

 筆者のマンションでは玄関の配電盤の横にハブがあり、古いハブは最大100Mbpsの「100BASE-TX」であることが確認できた。ここがネット回線のボトルネックになっていたのである。そこで、さっそく「1000BASE-TX」対応のエレコム「スイッチングハブ ギガビット対応 8ポート AC電源(EHC-G08PA2-W)」をAmazonで注文。価格はたった2,355円だった。
 ハブの交換は非常に簡単だ。古いハブのLAN端子をすべて外して新しいハブと交換。LAN端子を適当に新しいハブにさし直せばいい。実は、ハブはマグネットで壁に張りつけるようになっていたが、筆者が購入したものはマグネット非対応だったので置き場所に困ってしまった。あとで確認してみたらAmazonでもマグネット付き(EHC-G08PN2-JW)が3,291円で売られていたのでがっくり……。でも大丈夫。古いハブに付いていたマグネットを流用して、なんとか壁に貼り付けることができた。
 ちなみに、マンションのネット環境によっては今回購入したハブが使えるとは限らない。自分で交換する場合は、必ずネットワーク会社に対応機種を確認しておこう。

●Amazon(スイッチングハブ)は→こちら

(Image:amazon.co.jp)

こちらが今回購入したエレコムのハブ。8ポートの1000BASE-T(1Gbps)対応機種だ。価格は定価で3,608(税込)だが、Amazonでは2,355円で販売されていた

古いハブのLAN端子を全部外して、新しいハブに交換。空いているポートに適当にLAN端子をさしたら電源を入れればいい。作業は5分もあれば完了する

実はハブ本体はマグネットで壁に張り付ける方式だった。あとで調べるとAmazonでもマグネット付きハブ(EHC-G08PN2-JW)が3,291円で売られていた……。でも大丈夫。古いハブのマグネットを流用して事なきを得た

(Image:speedtest.net)

ハブを交換して計測してみると下り320Mbps、上り260Mbps程度と4倍近くも爆速になった。たった2,355円の投資でこれはうれしい!

 さて、気になるネットの速度だが、新しいハブに交換したことで下り320Mbps、上り260Mbps程度と従来の4倍近くも爆速になった。たった2,355円の投資でこれはうれしい限り。仕事のデータをサーバにアップするのも一瞬だ。実はネット会社にハブ交換を依頼すると出張費用+ハブ代金で1万5,400円も取られるそうだ。今回は自分で交換したので、1万3,000円以上も得した計算になる。
 もし、アナタのマンションが1Gbps対応の光回線なのに100Mbps以下しか出ていないのなら、面倒でもハブを交換してみてはいかがだろうか?

●SPPEDTEST(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:speedtest.net)

マンションのネット速度がたった3,000円のハブに交換しただけで4倍にアップした!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWi-Fiルーターネット回線ハブマンション】の最新ニュースをいち早くお届けします。