Windows 9は存在しない? Windows 10に飛ばされた理由を解説!

現在、Windows 10が主流となっているパソコンのOSだが、Windows 7の次にWindows 8と来たらWindows 10ではなく、Windows 9であるのが正しいと思った方も多いのではないか。Windows 9が存在しない理由を紹介する。

Windows 9は存在しない?

 現在販売されている新品のWindowsパソコンのほとんどはWindows 10搭載パソコンだ。Windows 10は2015年にリリースされ、2021年現在最も高いシェアを持っているOSである。Windows 7のサポート終了に合わせてWindows 10を採用した方も多いはずだ。
 だが、Windows 10を導入する際に「Windows 9」の存在について気にしたことは無いだろうか。本記事では、Windows 9は存在するのかしないのか、Windows 9が存在しないのであればその理由はどういったものであるのかといった疑問について解説を行っていく。
 はじめに、Windowsが現在のWindows 10に至るまでの歴史などを交えて、Windows 9は存在しないのかという疑問について解説していく。

・Windowsの歴史

 現在主流のWindows 10はマイクロソフトからは最後のOSと言われており、Windows 10内部でアップデートはあるものの、Windows 10の名前自体が変更されるメジャーアップデートは無いとされている。
 しかし、Windows 10以前のWindowsでは定期的にメジャーアップデートが行われていた。Windows 10以前のメジャーアップデートからWindowsの歴史を見ていこう。
 Windowsが一般家庭でも利用されるようになったのは、Windows 95からだ。その後、Windows 98、Windows Me、Windows 2000が順に発売され、大ヒットOSとなったWindows XPが発売された。Windows XP以降は、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1の順にWindowsがメジャーアップデートされていき、2015年にはWindows 10が発売されて現在に至る。
 
・Windows 8の次はWindows 10

 Windows 95からWindows 10までの歴史を紹介してきたが、ここで気になるのが、Windows 9の存在だ。Windows 7以降、WindowsはWindows 7、Windows 8とアップデートを続けてきた。Windows 8の次にはWindows 8.1というアップデートがなされて次期OSはWindows 9と思われた。だが実際には、Windows 8・8.1の次にはWindows 10が発売されてWindows 9が発売されることはなかった。
 Windows 7以前にもWindowsのメジャーアップデート名が、Windows XPやVistaなど数字以外の名称になることは合ったが、基本的にはWindows 95や98、2000など年号に由来したものが採用されていた。
 これらの理由から、Windows 10の前に来るはずであったWindows 9の存在について、なぜWindows 9ではなく突然Windows 10になってしまったのかと疑問に思う方がSNS上などで多くの疑問を投げかけるに至った。
 次項からは、Windowsをリリースしているマイクロソフトから正式なWindows 9がない理由の発表はなされていないが、Windows 8の次になぜWindows 10が来たのかという理由として考えられるものを紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

Windows 9は存在しない? Windows 10に飛ばされた理由を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindowsWindows 10Windows 9】の最新ニュースをいち早くお届けします。