ドコモahamo「アハモフック」で評判ガタ落ち? もはや消費者はターゲットにされた魚扱い?

信頼への影響は今後の業界シェアにあらわれる?

(Image:ahamo.com)

ahamoはこれまで、誠実なイメージが最も強い新プランだったはずだ

 これまで誠実な“ユーザーのためのプラン”を提示していたと思われていたドコモが、その裏で信頼を裏切るような行為をしていた、とするスクープにネット上も敏感に反応。「ドコモ主導とかコンプライアンス違反すぎて開いた口がふさがらない」「消費者はただの金づるとしか思っていないことがよくわかる。こんなやり方をしていたら結局いつか客は離れていく」と、かつての“殿様商売”をしていた頃のスマホ業界のイメージと重なり、ユーザーの信頼を損ねている様子が如実に伝わってきている。
 さらに「スーパー・ショッピングモールでahamoの勧誘をしているところを見た」という報告も多数投稿されており、もはや全国規模で信頼を裏切る行為を行っていた可能性すら浮上していた。

 ahamoは3月26日にサービスがスタートした。しかし事前の申し込みが殺到しすぎていたのか、前日25日になって唐突に「先行エントリーキャンペーン」の対象者の枠を広げたり、MNP受付を一時中止したりといったトラブルも発生している。
 ドコモは29日になって、「【重要】『配送時期』および『お申込みに関するご注意事項』について」というお知らせを発信。ドコモの想定していた以上の申込みがあったため、トラブルが発生してしまっていることを明かしている。それだけの申込みがあるのならば、「アハモフック」などという姑息な手段がなくともその地位は安泰なのではないだろうか…。このニュースが、ahamoの契約数の鈍化につながらないことを祈りたい。

参照元:ドコモ、「アハモでギガホ勧誘」景表法違反か【東洋経済オンライン】

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

ドコモahamo「アハモフック」で評判ガタ落ち? もはや消費者はターゲットにされた魚扱い?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidahamoアハモフックドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。