3位「極主夫道」2位「キングダム」を抑え1位となった春公開の実写・アニメ化ランキング作品は?

漫画を中心とした電子書籍配信サービス「ブックライブ」が、漫画好き・読書好きが選ぶ「2021年春のメディア化作品・注目度ランキング」を発表した。ブックライブの会員3,882人を対象に、2021年4月~6月にアニメ化・映画化・ドラマ化する作品の中から、注目する作品3つについてアンケートを実施。見事1位に輝いたのは「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」(映画化)。続いて、2位には「キングダム」(アニメ化)、3位には「極主夫道」(アニメ化)がランクインした。

実写化・アニメ化が原作の人気を高める!?

(Image:BT Image / Shutterstock.com)

ブックライブが実施した、2021年春のメディア化注目度ランキングトップ10

 1位のるろうに剣心は4月に「るろうに剣心 最終章 The Final」が、6月には「るろうに剣心 最終章 The Beginning」が公開される。30代のジャンプ男子ならリアルタイムで読んでいた作品なだけに、劇場版がどのようなかたちで幕を閉じるのか、最終章の公開を楽しみに待つファンも多いだろう。過去作では主演を務める佐藤健をはじめ俳優陣のアクションシーンも絶賛されている。原作のストーリーの再現性とともに、豪華キャストの迫力ある演技にも期待が集まる。

 2位のキングダムや3位の極主夫道のアニメ化については、もともと漫画自体が人気のため、納得の結果といえるだろう。2019年からアニメが放送され、社会現象を巻き起こした大人気漫画「鬼滅の刃」もアニメ化で人気に火がつき、原作漫画が書店で売り切れ続出になるなどの現象が話題を呼んだ。キングダムや極主夫道もこの春のアニメ化をきっかけに新たなファンが獲得できそうだ。

3位「極主夫道」2位「キングダム」を抑え1位となった春公開の実写・アニメ化ランキング作品は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ100日後に死ぬワニキングダムるろうに剣心極主夫道】の最新ニュースをいち早くお届けします。