【Windows 10】「WinShot」の使い方や設定方法を解説!

Windows 10で利用可能な画面キャプチャーソフト「WinShot」をご存知だろうか。「WinShot」を使うことでWindows 10でかんたんに画面キャプチャーを行うことができる。本記事では、「WinShot」の使い方や設定方法を紹介する。

【Windows 10】「WinShot」の設定方法

 Windows 10で「WinShot」を使って画面キャプチャーを行う方法を紹介する。「WinShot」を使うことでWindows 10の画面全体のキャプチャーやアクティブになっている画面のみのキャプチャー、選択した範囲のキャプチャーが可能となる。「WinShot」では、各種設定を行うことでより便利に活用できるので、はじめに「WinShot」の設定方法を解説する。

Windows 10で「WinShot」を使うには、公式サイトからダウンロードした「WinShot」を解凍して、「WinShot.exe」を起動する

「WinShot」が起動したらタスクバーに表示されるので、タスクバーの「WinShot」を右クリックして「環境設定」をクリックする

はじめに、「WinShot」でキャプチャーした画像の保存先を指定しよう。「WinShot」では指定したフォルダに画像を自動で保存するほか、キャプチャーごとに保存するフォルダを選択するオプションも設定できる。また、キャプチャーする画像にマウスカーソルを含めるか否かも設定可能だ

次に、「WinShot」で利用するホット・キーを設定しよう。Windows 10では「PrintScreen」が通常のスクリーンショットボタンとして用意されているが、ホット・キーを変更することで変更可能だ。ホット・キーを設定するには「ホット・キー」を選択して、設定したい作業を選択してから、「ホット・キー」の部分で利用するホット・キーを指定する。なお、「WinShot」で利用可能なホット・キーを確認したいときにもこの方法を活用してほしい

【Windows 10】「WinShot」の使い方や設定方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスwindows10WinShot】の最新ニュースをいち早くお届けします。