【Windows 10】「WinShot」の使い方や設定方法を解説!

【Windows 10】「WinShot」の使い方

 Windows 10における「WinShot」の使い方を紹介する。「WinShot」を設定したら、Windows 10の画面全体やアクティブな画面のみ、選択した範囲のみのキャプチャーを行なってみよう。

【使い方①】画面全体をキャプチャーする

「WinShot」の基本である、Windows 10の画面全体のキャプチャーを行う方法を紹介する。この方法を使えば、Windows 10で表示されている画面全体をキャプチャーして保存できる。

WinShotの使い方はホット・キーで設定したキーを利用する方法とマウス操作でキャプチャーを行う方法がある。キーを使用する場合には設定したキーを押下して、マウス操作で画面全体のキャプチャーを行うにはWinShotのアイコンを右クリックして、「クリップボードコピー」、「ビットマップ保存」、「JPEG保存」のいずれかを選択してから「デスクトップ」を選択する

【使い方②】アクティブなウィンドウのみキャプチャーする

 Windows 10でのソフトの操作説明などに便利な、アクティブな画面のみをキャプチャーする方法を紹介する。この機能では、Windows 10で表示中のアクティブな画面のみをキャプチャーすることができる。

アクティブなウィンドウのみをキャプチャーする使い方を紹介する。アクティブなウィンドウのみをキャプチャーするには、保存メニューから「アクティブウィンドウ」を指定する

【使い方③】範囲を選択してキャプチャーする

 Windows 10で表示されている画面の一部の範囲を指定してキャプチャーできる、範囲指定機能を紹介する。

範囲を指定してキャプチャーする使い方を紹介する。範囲を指定するには、WinShotで「短形範囲指定」を選択する

指定する範囲の左上をクリックして、その後範囲の右下をクリックする。これで囲われた範囲がキャプチャーされる

【Windows 10】「WinShot」で見切れたり余白でできてしまうときの対処法

 もし、「WinShot」でキャプチャーしたWindows 10の画像に見切れや余白が発生した場合には、「WinShot」の環境設定を変更することで対処できる可能性がある。
 「WinShot」の環境設定から「その他の設定」を選択して「拡張アクティブウィンドウキャプチャー」を有効にしよう。

【Windows 10】「WinShot」の使い方や設定方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスwindows10WinShot】の最新ニュースをいち早くお届けします。