iPhoneの画面が勝手に暗くなったり明るくなったりするときの対処方法!

歩きながらiPhoneを操作していると、いきなり画面が暗くなったり明るくなったりすることはないだろうか? 実はiPhoneは、周囲の光の具合によって画面の明るさが自然に変化する「明るさの自動調節」機能がついている。一見、便利そうだが、操作中に画面の明るさがいちいち変わるのは正直言ってうっとうしい。そこで今回は、この機能を解除する方法を写真付きで詳しく説明しよう。

iPhoneで「明るさの自動調節」をオフにしよう!

 iPhoneを屋外で操作していると勝手に画面の明るさが変わるときがある。これは「明るさの自動調節」がオンになっているのが原因だ。「明るさの自動調節」はiPhoneの周囲の明るさによって、自動的に画面の明るさを調整してくれる便利な機能だが、屋内で操作をしていても明るさがこまめに変わることもあるので“うっとうしい”と感じる人も多いだろう。しかも、この設定はデフォルトでオンになっているので、解除したいなら設定でオフにしてしまえばいい。
 まず、iPhoneの「設定」から「アクセシビリティ」を開き、「明るさの自動調節」をオフにしてみよう。これでもう画面が勝手に明るくなったり暗くなることはない。ちなみに手動で画面を明るくしたい場合は、コントロールパネルから調節が可能だぞ。

まずはiPhoneの「設定」から「アクセシビリティ」を選択し(左写真)、「画面表示とテキストサイズ」をタップする(右写真)

画面下にスクロールして「明るさの自動調節」をオフにすればOK! これで画面の明るさが勝手に変わることはない

明るさの手動調整はコントロールパネルからできる。ライトのバーを上げれば明るく、下げれば暗くなる

iPhoneの画面が勝手に暗くなったり明るくなったりするときの対処方法!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。