「ahamo」乗り換えでd払い口座など、ドコモ系サービスの引継ぎの難しさが浮き彫りに

ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の展開する新プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」が続々とサービスを開始している。ユーザーとしてみれば待ちに待ったサービスのスタートということもあり、初日から多くの人々がキャリアを移動しはじめている模様だ。
今回はとくに注目を集めていたドコモ「ahamo」について、サービス開始で発覚した移動時の注意点や、そこから見える普及への課題について考えていきたい。

サービス初日は各社混乱…

携帯キャリア移動を検討していますか?

 2020年の末頃から何かと話題となっている携帯電話料金の値下げに対するニュース。ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社からも、ahamo、povo、LINEMOといった新たなプランが発表され大きな注目を集めている。
 4月を迎えて、いよいよ各社のサービスが実際に始動。先行して、サービスを開始したソフトバンクのLINEMOではサービスを受ける回線の電話番号以外に、もう1つ別の電話番号を用意しなければならないことが判明して、初日から多くのユーザーが不満を感じていた。ソフトバンクとしては即対策を投じたものの、各社は新サービスを開始する難しさを痛感しただろう。

「ahamo」乗り換えでd払い口座など、ドコモ系サービスの引継ぎの難しさが浮き彫りにのページです。オトナライフは、【iPhone&Androidahamod払いNTTドコモドコモ経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。