楽天モバイル、機種の在庫切れ続出! 無料キャンペーン終了間近でシェア率爆増か

今後も獲得ユーザーの離脱率は心配なしか

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

2021年に入ってより熱を帯びるモバイル業界

 無料キャンペーンの終了後、楽天モバイルの新規申し込み数はある程度落ち着きを見せるだろう。しかし1年間はどれだけ使用しても利用料金は無料のため、離脱するユーザーは少ないと考えられる。モバイル事業に注力しこれだけの大規模なキャンペーンを打ち出す楽天であれば、さらなるシェア拡大に向けて間を開けずに次の施策を打ってくる可能性も大いにありそうだ。
 さらに無料期間終了後も、「1GBまでのデータ使用は無料」というプランのため契約して持っているだけでもとくに損はない。先ほど挙げた通り、Wi-Fiルーターとして利用しているユーザーからすれば少し価値が下がるかもしれないが、離脱率は大きく変わらないのではないだろうか。

 既存の3キャリア各社の契約数は、ドコモが8,100万件以上でトップ。auも6,000万件オーバーで、3位のソフトバンクでも4,500万件近い数字となっている(2020年12月時点/一般社団法人 電気通信事業者協会発表「事業者別契約数」より) 現状差があるように見えるが、新規顧客の獲得は頭打ち状態とも言われる中で独自回線のサービス開始から1年足らずで300万件を獲得したのは、楽天モバイルの勢いがあってこその結果とみるべきだろう。
 MVNOではなくキャリアサービスとして土俵に立ち、業界シェアへの食い込みを狙う楽天モバイルはどこまで拡大していけるだろうか。楽天モバイルを含めた「4大キャリア」という言葉がしっくりくる日も、そう遠くないのかもしれない。

参照元:楽天モバイル、現在の在庫状況(日々更新)。最大25000ポイント還元で注目機種は在庫切れ。1年間料金無料の受付期限も4月7日に迫る【GAPSIS

※サムネイル画像(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイル、機種の在庫切れ続出! 無料キャンペーン終了間近でシェア率爆増かのページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。