ドコモが5Gの新たな通信実証実験に成功! 普及合戦で“反撃”に転じる!

ドコモの進める“本物の5G”への期待感がさらに増すニュースが飛び込んできた。3月30日にドコモが5Gの新たな実証実験に成功したのだという。2020年から大手キャリアでサービスの提供が開始されている5Gだが、現在はまだ都市部の限られたエリアでしか利用できない。中でもドコモは、auやソフトバンクと比べるとその普及スピードは少々遅れていると言わざるを得ない部分がある。
今回は、そんな劣勢を跳ね返すことにつながりそうなドコモの5G戦略についてお伝えしていきたい。

ドコモが5Gの進化を牽引する?

高速・大容量、低遅延、他接続が5Gのポイントだ

 ドコモの発表によれば、今回成功したのは「ミリ波を用いた安定した高速5G通信」の実証実験。これに成功したことで、自動車等に乗った高速移動中でも安定して5Gの高速な通信サービスが利用できるようになり、さらなる5Gの高度化が見込まれると述べている。

 5Gの高速通信の実現にこだわるドコモだが、実はライバルキャリアと比べてエリアの普及が進んでいない理由もそこにある。au、ソフトバンクではこれまで利用されていた4Gの通信設備を改修して5G対応を進めている。しかしドコモは「4G設備を転用するだけでは5G本来の強みである高速通信ができない」として“なんちゃって5G”を普及させる方針に難色を示しているのだ。次世代の通信規格の醍醐味をユーザーにしっかりと提供するために、手を抜くことはできないというドコモのプライドが伺える。

ドコモが5Gの新たな通信実証実験に成功! 普及合戦で“反撃”に転じる!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GNTTドコモSAMSUNG】の最新ニュースをいち早くお届けします。