タブレット実売台数ランキング! 虎視眈々とアップルの地位を狙うメーカーが判明?

全国の量販店のPOSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」のタブレット実売台数ランキングで面白い傾向が見て取れた。3月28日に発表されたの集計データによると、アップルの「iPad」各種が上位にひしめく中で、とある企業のタブレットも市場で存在感を放っていることが明らかとなった。はたしてその企業とは…。
今回は、デジタルデバイス界の巨人・アップルに対抗しうる、シェア急拡大中のタブレットについてご紹介していきたい。

iPadの並ぶタブレットランキングに食い込んだのは…

PCでもスマホでもない存在として、タブレットの人気は根強い

 3月28日発表のBCNランキングによると、3月15日~21日の間に最も売れたタブレットデバイスはアップルの「10.2インチiPad Wi-Fi 128GB スペースグレイ」だった。さらに2位に「10.2インチiPad Wi-Fi 128GB ゴールド」が入り、10.2インチiPadでのワンツーフィニッシュを決めたほか、4位、7・8・9・10位も10.2インチおよび10.9インチのiPadがランクインし、トップ10に7つのiPadが入るという快挙を成し遂げた。
 では残りの3つは…と目を転じると、アップル製品以外で最上位となった3位にはレノボが生み出した「Lenovo Tab M10 HD(2nd Gen)」、5位にも同じくレノボの「Ideapad Duet Chromebook」。6位にはNECの「LAVIE Tab E」が顔を出した。

 世界中に熱狂的なファンが多く存在するアップルと比べると、レノボは少々影が薄いと言わざるを得ない。しかしそんなレノボがなぜ、デジタルデバイス業界の巨人・アップルの牙城に食い込んでいくことができたのだろうか。

タブレット実売台数ランキング! 虎視眈々とアップルの地位を狙うメーカーが判明?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPadLenovoタブレットランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。