実は、メルカリのヘビーユーザーは60代? 平均出品数が20代の2倍という結果に!

おうち時間が増えたことであらゆるライフスタイルが変化したコロナ禍。サブスクリプションの動画配信サービスでアニメやドラマ作品を鑑賞したり、自宅で焼き菓子を作ったりと、さまざまな自粛生活の楽しみ方が浸透している。そんな中、フリマアプリ「メルカリ」にも追い風が吹いているという。今回は、平均年間出品数が20代の約2倍にも及んだ意外なメルカリヘビーユーザーの動向について伝えていく。

メルカリのヘビーユーザーはシニア世代?

(Image:about.mercari.com)

保有数が多い60代が20代よりも積極的に出品している

 メルカリ総合研究所が発表したユーザーの取引データによると、60代以上の年間利用者数と年間購入商品総数が、前年比約1.4倍にのぼることが分かった。さらにメルカリは「COVID-19拡大に伴う60代以上の意識・行動変化とフリマアプリ利用」を実施。2020年4月から2021年3月の1年間における60代以上1人当たりの平均年間出品数は約72個、20代の約2倍という意外な数字が明らかとなった。ミレニアム世代だけでなく、シニア世代もメルカリを使う頻度が高まっていることがうかがえる。

 コロナ禍における60代以上の消費行動・意識変化に関する調査でも「インターネットでの買い物増加」が44.4%を占め、73.5%の60代以上が「外出を伴う買い物」が減少したと回答。欲しいものがお得に購入できることや、不用品が処分できることもフリマアプリを利用する目的の上位を占めている。シニア世代のEC利用率の増加や、節約意識の向上が60代のメルカリ利用率を高めているようだ。

実は、メルカリのヘビーユーザーは60代? 平均出品数が20代の2倍という結果に!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフリマアプリメルカリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。