iPhoneファンからも不満確実? “非効率”ポートレス化のウワサ

これまでもたびたび囁かれてきた、2021年内に発売されるとみられる「iPhone 13(仮称)」の“ポートレス化”。リーカーからそうした情報が出てくるたびに世界中でポートレスに対する賛否両論の批評が飛び交っていた。しかし今回新たに「ワイヤレス充電はケーブル充電よりも非効率である」という実験結果が判明し、iPhoneユーザー側の利便性にも関わるこの情報でポートレス反対派の勢いが強まる可能性が出てきたのだ。
今回は、新型iPhoneのポートレス化の是非について考えていきたい。

今度はLightningポート!?進むiPhoneのポートレス化

(Image:Wachiwit / Shutterstock.com)

Lightningのケーブルは今やアップル製品ユーザーにはおなじみの存在だ

 ポートレス化とは文字通りポート(Lightningポート)が無くなること。LightningポートはこれまでiPhoneの充電や他デバイスとの接続に利用されてきた部分で、数年前から「アップルがiPhoneのLightningポートをための開発を重ねている」といった情報が注目を集めていた。アメリカの報道機関・ブルームバーグによれば、アップルは最終的にiPhoneの完全ワイヤレスにするべく検討を続けているという。

 iPhoneではこれまでも、2016年に発売されたiPhone 7でイヤホンジャックが廃止され大きな話題となった。それ以降はBluetoothでワイヤレスイヤホンを使うか、Lightningポートから接続して有線イヤホンを使うか、といった対策が求められるようになった。当初は不便なようにも思われたが、その後「Xperia」や「AQUOS」「Google Pixel」といった他社のスマホもイヤホンジャックを廃止し、アップルの影響力を改めて世界に知らしめる結果となった。

iPhoneファンからも不満確実? “非効率”ポートレス化のウワサのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneLightningポートレス化】の最新ニュースをいち早くお届けします。