iPhone、iPadユーザーは今すぐ対応を! 他人事ではない“ゼロデイ攻撃”の恐怖

iPhoneやiPadでこの記事を読んでいる読者の方々は、記事を読み終わったらすぐにOSをアップデートしていただきたい。別のデバイスで読んでいて、iPhone・iPadを持っている方も同様だ。アップルの発表によれば、それほどのリスクのあるセキュリティの脆弱性が見つかり今回のパッチで対処されたようだ。
今回は、セキュリティの穴をふさいでいくアップルら開発陣と新たな穴を見つけ攻撃を仕掛ける悪意あるハッカーの、いたちごっこの模様についてお伝えしていきたい。

iPhone・iPad・Apple Watchで深刻なバグが見つかる

iPhoneをはじめスマートフォンはもはや生活の一部に欠かせない存在だ

 先日アップルが公開したアップデートは、iPhoneのiOS14.4.2とiOS12.5.2(iPhone 6以前の機種用)、iPadのiPadOS14.4.2、Apple WatchのwatchOS7.3.3と多岐にわたる。アップルはこのアップデートで対処された脆弱性について、「悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃につながるおそれがある」こととiPhone、iPad、Apple Watchのユーザー全員にリスクがあること以外ほとんど情報を明らかにしていないようだ。
 加えてアップルは、悪意あるハッカーが対処される前の脆弱性を積極的に使用してユーザーを攻撃する“ゼロデイ攻撃”が行われていることを確認しているといい、間もなく公開されるとみられる「iOS 14.5の登場を待たずに先立って対処された」と言われているほど緊急性を要するものだったことが推測される。

iPhone、iPadユーザーは今すぐ対応を! 他人事ではない“ゼロデイ攻撃”の恐怖のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOSiPhoneゼロデイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。