マイナンバーカードの保険証利用、メリットはわかるが本当に待ち望まれているのか?

今年の春より運営が予定されていた、マイナンバーカードの保険証利用が10月まで延期されることが分かった。先行して運営を開始していた医療機関にて、トラブルが発生したことが原因だと言われている。
今回は、このマイナンバーカード保険証利用の延期から見えてくる、国民のマイナンバーカードへの意識と、政府として次回の延長は避けなければならない実情を読み解いていく。

サービスの運用開始が半年余り後ろ倒しへ…

保険証とマイナンバーカードの組み合わせ事業。そもそも知っていましたか

 政府の手掛けるマイナンバーカードの保険証利用。保険証とマイナンバーカードを組み合わせることで、病院での受付の簡略化や、マイナンバーカードを用いたオンラインサービス「マイナポータル」によって医療情報や個人情報を管理し、処方箋や特定健診等の履歴を用いたこれまで以上に効果的な診療の受診が可能。そのほかにも、e-Taxとの連動により確定申告の補助など様々なメリットが発表されている。政府としては、3月末からの本格運用を前に24都道府県の一部医療機関にて先行運用を開始していた。しかし、今回このマイナンバーカードの保険証利用の本格運用が10月へと延期されることが発表された。

マイナンバーカードの保険証利用、メリットはわかるが本当に待ち望まれているのか?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイナンバーカード健康保険証】の最新ニュースをいち早くお届けします。