スマホアプリの課金総額が3兆円超え! 5人に1人がズルズルとゲーム内課金の使いすぎを後悔

モバイル系のマーケティング企業であるApp Annieが、2021年第1四半期におけるApp StoreとGoogle Playの総課金額が、前年同期比40%増の320億ドル(約3兆5,400億円)に達したことを明らかにした。新型コロナウイルスの影響から自宅で過ごす時間が増えたことにより、ユーザーの課金欲を掻き立てたのではないだろうか。また、外出も少なくなり買い物へ出かける機会も少なくなったことが引き金になっている様子だ。
課金額でメインとなるのがゲームだ。積極的な外出が控えられおうち時間が増えたことを機に、コロナ禍以前にはゲームをプレイしてこなかったユーザーも手を出していたように思われる。ニューノーマルとなった今、オンラインゲームによる課金は今後も増加していくことになるのかもしれない。

アプリの課金総額は前年同期比40%増!

(Image:play.google.com)

ゲームカテゴリのダウンロード部門1位は、日本ではなじみの薄いJoin Clash 3Dだった(Google Playより引用)

 App Annieの発表によれば、2021年第1四半期のApp StoreとGoogle Playの課金総額は1年前の2020年第1四半期と比べてそれぞれ40%増加したという。App Store では150億ドル(約1兆6,600億円)から210億ドル(約2兆3,200億円)に、Google Playでの総課金額は79億ドル(約8,740億円)から110億ドル(約1兆2,200億円)と急増しており、消費者の課金意欲が2020年よりも増していることが顕著となっている。

 こうしたスマートフォンアプリの課金で一番多いのがゲームカテゴリである。アプリ市場全体を見てもトップのカテゴリだ。ゲームカテゴリでよくダウンロードされる人気タイトルはサバイバルランニングゲーム「Join Clas‪h 3D」や宇宙人狼「Among Us!」となっている。しかしアプリ内課金が多かったのは「ROBLO‪X」のようだ。ROBLO‪Xはゲーミングプラットフォームで、プラットフォーム内にあるさまざまなゲームをプレイできるもの。さらにオリジナルゲームを制作できるという自由度の高さから、子どもから大人まで楽しめるゲームとして世界中で注目を集めている。‬‬‬‬‬‬‬‬‬

スマホアプリの課金総額が3兆円超え! 5人に1人がズルズルとゲーム内課金の使いすぎを後悔のページです。オトナライフは、【アプリApp StoreGoogle Play課金】の最新ニュースをいち早くお届けします。