【iTunes】曲(音楽)を再生できないときの対処法を詳しく解説!

iTunesで再生を行えないという不具合でお困りではないだろうか。iTunesでは曲を再生しようとしているのに、再生できないことがある。本記事では、iTunesで曲を再生できないときの対処法を紹介するのでiTunesユーザーはぜひ参考にしてほしい。

【iTunes】再生できないときの対処法

(Image:Bloomicon / Shutterstock.com)

 iTunesで曲を再生できないときの対処法をご存じだろうか。本記事では、iTunesで曲を再生できないときの対処法を紹介するので、iTunesの曲を再生できないというトラブルでお困りの方はぜひ参考にしてほしい。
 はじめに、iTunesで再生できないときに試しておきたい対処法について紹介する。iTunesで曲を再生できない時はこれから紹介する対処法を使うことで、iTunesで曲を再生できないという症状の改善が期待される。

【対処法①】iTunesを最新バージョンにアップデートする

 iTunesで曲を再生できない時には、iTunesのバージョンが古くなってiTunes自体に不具合が発生している可能性がある。一度、iTunesのバージョンを確認して、iTunesの最新バージョンが公開されているときにはiTunesを最新バージョンへアップデートしてみよう。
 iTunesを最新バージョンへアップデートすることで、旧バージョンのiTunesにあった不具合が改善されて、iTunesで曲が再生できないという問題も改善されることがある。

【対処法②】スピーカーの設定を見直す

 iTunes上の表示では曲が再生できているのに、実際には曲を再生できていない場合パソコンのスピーカーの設定の問題の可能性がある。とくに、スピーカーと合わせてヘッドフォンなどをパソコンに接続している場合、設定によっては曲が意図しないデバイスから出力されている可能性がある。

【対処法③】オーディオドライバをアップデートする

 パソコンで利用している機器のオーディオドライバのバージョン古くなっている場合やオーディオドライバが破損している場合、iTunesでの再生ができない場合がある。パソコンのオーディオデバイスの動作に利用されているオーディオドライバはパソコンでの音の再生に必須のソフトウェアなので、オーディオドライバの不具合を疑ってみよう。
 なお、オーディオドライバに新しいバージョンがなくても、パソコンでオーディオドライバのアップデートを行うことでオーディオドライバに不具合があった場合それが改善されて正しいオーディオドライバが適用されることもある。

【対処法④】使っているパソコンの認証を行う

 iTunesをインストールしているパソコンを認証せずに利用している場合、iTunesを含むさまざまなソフトウェアの動作に異常が発生する場合がある。iTunesを利用しているパソコンの設定から、パソコンが認証されていることを確認してみよう。

【対処法⑤】iTunes修復ソフトを使う

 iTunes自体に不具合が発生しており、再生できない状態になっている可能性がある。その場合、iTunesを再インストールすることでiTunesを復元できるが再設定が必要となりハードルが高いと思う方も多い。そのような時には、サードパーティー製のiTunes修復ソフトを利用するとiTunesを再インストール・再設定する必要なしに修復できる可能性がある。
 サードパーティー製のiTunes修復ソフトとしては「TunesCare」などがあるので再インストール・再設定にハードルを感じる方は試してほしい。

【iTunes】曲(音楽)を再生できないときの対処法を詳しく解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽iPhoneiTunesQuickTime】の最新ニュースをいち早くお届けします。