スマホの「ながら充電」は劣化の原因!? ゲームやSNSでの暇つぶしは要注意!

現代人の日常生活において、もはや無くてはならない存在でもあるスマートフォン。読者の中にも、電池切れで使えなくならないようこまめに充電しながら使用する人もいるのではないだろうか。しかしこの行為、スマホのバッテリーの寿命が縮んでしまう原因にとなってしまうかもしれないのだ。
充電をしながら使用するとスマホ本体が熱を持っていることに気づいたことのある人もいるだろう。その熱が、充電と並行してのゲームアプリやSNSの利用には注意すべきポイントなのだ。

発熱量が跳ね上がるスマホ本体

繰り返しの充電を極力控えることが重要

 充電をしたりスマホを使用したりすると起こる発熱。かつては「スマホがホッカイロみたいに熱くなる」という時代をご存知の読者もいるかもしれない。これはスマホに内蔵されているリチウムイオン電池に熱がこもっていることが原因だ。このリチウムイオン電池は熱に弱いため、スマホの発熱量が高くなることで負荷がかかり、結果、パフォーマンスを下げることにつながるのだ。これがバッテリー劣化を招く大きな要因となっている。

 とくに発熱の引き金となってしまうのがゲームアプリの使用だ。暇つぶしでついつい長時間遊んでしまう人も少なくないだろうが、高解像度で大量のデータ処理が必要なグラフィックを利用したゲームは、スマホ内で情報処理を行うCPU機能を活発化させるため発熱量が増加。利用時間が増えることで熱がこもりすぎバッテリー劣化を招くのだ。スマホの性能の良さや容量の大きさに甘んじるあまり、リチウムイオン電池を酷使するのはよいとはいえないだろう。

スマホの「ながら充電」は劣化の原因!? ゲームやSNSでの暇つぶしは要注意!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneスマホながら充電】の最新ニュースをいち早くお届けします。