【Windows10】サポート終了の「QuickTime」を使う方法を解説!

Windows 10でサポートが終了しているQuickTimeを使う方法をご存知だろうか。QuickTimeはすでにWindowsのサポートを打ち切っているが、実はまだQuickTimeを使うことができる。本記事ではその方法を紹介する。

【Windows 10】「QuickTime」は現在サポート終了している

 QuickTimeはWindows 10を含む、Windowsのサポートを2016年に終了した。そのため、Windows 10ではQuickTimeをすでに使うことができないと思ったいる方も多いはずだ。だが、実際にはWindows 10でQuickTimeを使うことは可能だ。
 本記事では、QuickTimeをサポートが終了したWindows 10で使う方法、インストール手順を紹介するので参考にしてほしい。はじめに、QuickTimeをサポートが終了したWindows 10で使うことについて解説する。

・使用はできるが脆弱性がある

 QuickTimeは2016年に脆弱性が報告されたものの、修正されることなくWindows 10を含む全てのWindowsでサポートを終了することで案内を行った。これにより、iTunesをインストールしてもQuickTimeは付属しないようになった。だが、実際にはQuickTimeはApple社製のソフトウェア以外にも様々なソフトウェアで利用されていた。動画編集ソフトなどではQuickTimeのコーデックを利用して動画の読み込みなどを行っていたのだ。
 そのため、サポートが終了したQuickTimeをアンインストールしてしまうとそれらのソフトウェアを使うことができない状況に陥ってしまうこともあった。そのような背景もあり、既存のWindows用QuickTimeはまだWindows 10へインストールして使うことが可能だ。
 ただし、既存のWindows用QuickTimeは脆弱性が報告されているものであり、その脆弱性は修正されていないため、Windows 10でQuickTimeを使う際には十分に注意する必要がある。
 なお、既存のWindows用QuickTimeについてもAppleはインストールしないことを推奨しており、別のソフトウェアを使うために必要な場合は、QuickTimeのコーデックのみをインストールするなど対策を行う必要がある。

【Windows10】サポート終了の「QuickTime」を使う方法を解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽QuickTimeWindows 10】の最新ニュースをいち早くお届けします。