みずほ銀行、“火に油”の対応を示唆? ネットではユーザーからの非難の声が続出

ここ1カ月余りの間、システムトラブルの続くみずほ銀行。2月にはATMにカードや通帳が取り込まれてしまう事態を起こして大きな話題となった。相次ぐトラブルにユーザーからも不満の声が噴出している状況だが、先日行われた中間報告においてさらにユーザーの怒りを買いそうな“ある対応”の可能性が浮かび上がってきた。
今回はみずほ銀行に集まる不満の原因と、それに伴うユーザー離れの危険性について考えていきたい。

4件のトラブルが発生した2~3月。みずほの対応は?

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

みずほ銀行に多くの非難が集まっているようだ

 2~3月の間に相次いでシステムトラブルを起こしたみずほ銀行。2月28日には、デジタル通帳へのデータ移行作業中にトラブルとなり、現金自動受払機(ATM)計4,318台が停止。さらにはユーザーのカードや通帳がATMの中に取り込まれたまま出てこなくなる被害も発生し、ネットを中心に被害者の声が多数聞こえてきたことは記憶に新しい。
 その後も、3月3日には通信機器のトラブル、3月7日にも一部サービスにおいて定期預金への入金手続きがストップ。3月12日にもデータセンターにおいて機器の故障が発生し、一部で送金ができない事態となり損害が発生したのだった。

 短期間でシステム障害を何度も起こしたみずほ銀行にユーザーも呆れている模様。さらに5日に発表された中間報告では、ユーザーの怒りや不信感に対し火に油を注ぐようなことが伝えられ、ネット上でも非難が集まっている。

みずほ銀行、“火に油”の対応を示唆? ネットではユーザーからの非難の声が続出のページです。オトナライフは、【マネーデジタル通帳みずほ銀行日立】の最新ニュースをいち早くお届けします。