iPhoneストレージ容量を圧迫する「その他」を一括削除する方法とは?

写真や音楽を大量に保存しているため「容量がパンパンになってしまった」というiPhoneユーザーも少なくないだろう。iPhoneのストレージの中でも意外に知られていない「その他」の削除方法。iPhoneのストレージがいっぱいになったときに表示されるデータの内訳では、メディア・写真・App・書類とデータといったカテゴリー以外に、その他の割合が多いなんて人も。本記事では、容量を圧迫している原因の一つになっているiPhoneストレージのその他について、削除方法などを紹介していく。

iPhoneの初期化・復元で「その他」を一括消去

容量の少ないiPhoneを使っている人の中には、常にストレージがいっぱいのユーザーも(筆者撮影)

 そもそも「その他」には何が含まれているのだろうか。iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイルやソフトウェア・アップデート、Siriの音声やシステムデータといった内容がその他に該当する。中でも耳なじみのない人も多いキャッシュファイルとは、音楽やビデオ、写真などをストリーミング再生したり、表示したりする際に作成されるデータのこと。キャッシュファイルは知らず知らずのうちに数GBを超えてしまうこともあり、ストレージを圧迫する原因になっている。

 ストレージの容量が残りわずかになってくると自動で削除される仕組になっているその他の一次データ。しかし、自らデータを整理したい場合は、一括で削除することも可能だ。一括削除の手段としてあげられるのがFinder・iTunesを使ったiPhoneの初期化である。①PC上で暗号化バックアップを行う②iPhoneを初期化する③初期化したiPhoneを復元するといった手順でiPhoneの初期化を行うと、その他のデータが一括消去される。手軽にその他のデータを整理したい人には「再起動」や「アプリに溜まった不要データを消去」する方法がオススメだ。

iPhoneストレージ容量を圧迫する「その他」を一括削除する方法とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneストレージ容量】の最新ニュースをいち早くお届けします。