楽天モバイル、au回線ローミングが東京で原則終了! 楽天回線だけで大丈夫なのか実際に検証してみた

2020年4月から本格的なサービスを開始した楽天モバイルだが、いまだ全国にアンテナを設置中である。もちろん、カバーしきれない地域はパートナー回線(au回線)のローミングでネットに接続できるが、人口カバー率87.4%を超えている東京では、2021年3月時点でau回線のローミングが原則終了されている。「楽天モバイルはつながりにくい」という噂もよく耳にするが、果たして楽天回線だけで問題はないのだろうか? そこで、今回は実際に筆者が楽天モバイルで回線状況を検証してみたぞ!

そもそも楽天モバイルのパートナー回線って何なの?

 2019年10月から試験サービスを開始し、2020年4月から本格的にスタートした楽天モバイル。だが、キャリアとしては最後発であるため、いまだ全国に自社回線を設置中だ。そこで、エリア外の地域ではパートナー回線(au回線)によるローミングでネットに接続できるようになっている。
 そもそも、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」プランは段階制になっており、1GB以下は無料、20GB超(無制限)でも月額3,278円と格安だが、パートナー回線は月5GBまでしか使えないのはご存じだろうか? もし、楽天回線が利用できない地域で生活していると、パートナー回線の5GBをすぐに消費してしまうことになり、その場合は1GB=550円でデータ量を追加するしかないのだ。
 そんな楽天モバイルだが、2021年3月末で東京のパートナー回線が原則終了となってしまったという。となると、今後、東京は楽天回線だけになってしまうことになるが、果たしてネットの接続に問題はないのだろうか?

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は段階制になっており、1GB以下は無料、3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GB超(無制限)でも3,278円と格安。しかも、通話アプリを利用することで電話も完全かけ放題である

楽天回線のエリア外ではパートナー回線(au回線)で接続されることになっているが、高速データ通信の容量は5GBまでとなっている

「my楽天モバイル」アプリを開くと、現在どちらの回線で接続されているか確認できる。もし、「パートナー回線エリア接続中」(右写真)と表示されていれば要注意!

楽天モバイル、au回線ローミングが東京で原則終了! 楽天回線だけで大丈夫なのか実際に検証してみたのページです。オトナライフは、【iPhone&Androidパートナー回線楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。