ClubhouseがおじさんのSNSに? さっそく若者離れで“Facebook化”の予兆

Clubhouseも若者離れの一途をたどるか

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

アカウントはそのままにしているがほとんどFacebookを使わないという20代も

 そうなってくると考えられるのは、Clubhouseの“Facebook化”だ。Facebookといえば、日本でもスマートフォンの普及が始まった2010年頃に大流行したSNSだが、最近では若者離れが進んでいるといわれている。SNSの情報を発信するWebメディア・Kakeruの調査によると、「一番よく使うSNSはどれですか?」という質問に対し、1987年~1993年生まれのユーザーはFacebookの割合が42%を占めているのに対し、1994年~2004年生まれのユーザーがFacebookの割合が1%だった。この調査からも、10代・20代のFacebook離れが深刻といえるだろう。

 若者のFacebook離れが進んだ理由の一つとしてあげられるのが、新たなSNSの流行だ。画像の美しさが重視されるInstagramだけでなく、ノリノリの曲とかわいいダンスや早回しの短い動画が支持されている中国系SNS・TikTokが若者のSNSとして定着している。結婚や出産などの自らのライフステージを発信するFacebookとは真逆ともいえる、ノリと手軽さを重視したSNSが若者に人気の理由なのかもしれない。今後、Clubhouseが30代・40代のFacebook世代しか使わないSNSとなってしまうか、若者に人気のSNSへと盛り返しを図れるか。Clubhouseの動向から目が離せない。

参照元:話題の音声SNS「Clubhouse」。熱狂的ブームもひと段落?【リサーチノート

※サムネイル画像(Image:Yalcin Sonat / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

ClubhouseがおじさんのSNSに? さっそく若者離れで“Facebook化”の予兆のページです。オトナライフは、【SNSClubhouseFacebookSNSおじさん音声SNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。