Googleついに本気出す? 「Pixel 6」新型機に自社開発のチップ搭載のウワサ

Googleが開発するスマートフォン「Google Pixel」の新型機に、自社開発の新型チップが搭載される可能性が浮かび上がってきた。これまでPixelシリーズではアメリカのクアルコム社製チップ「Snapdragon」シリーズが搭載されてきた。しかし新型機でGoogle自ら開発を手掛けたチップが使われるとなれば、世界的IT企業のもつ世界トップクラスの技術の結晶とも言える製品ができあがる可能性も考えられる。
今回はGoogleが描くスマートフォンの未来を考えていきたい。

Googleの技術を結集したチップが開発されている?

(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com)

PixelシリーズはAndroidスマホの中でも人気ブランドのひとつだ

 アメリカのメディア・9to5Googleが報じたところによると、Googleの次期主力スマホとなる「Pixel 6(仮称)」に、Googleが韓国のサムスンと共同で開発したチップが搭載されるかもしれないという。このチップは「Whitechapel」というコードネームで開発されており、2021年秋に「GS101」というWhitechapelチップを搭載したスマホが登場する、と伝えている。
 この“GS”は「グーグルシリコン」の略だとされるが、実はiPhone等で知られるアップルでも「アップルシリコン」という独自のチップが使用されている。判を押したように「〇〇シリコン」と名付けるのは少々ダサいと感じる部分も無いわけではないが、自社の名前を冠するほど自信を持って世の中に送り出す独自開発チップと考えてよさそうだ。

Googleついに本気出す? 「Pixel 6」新型機に自社開発のチップ搭載のウワサのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGooglePixelSnapdragon】の最新ニュースをいち早くお届けします。