楽天モバイル、ついに念願の“プラチナバンド”獲得か? 総務省が携帯電波の再配分整備へ

楽天グループが現在総力を結集してサービスの拡大に注力している楽天モバイルに、新たな追い風が吹くかもしれない。楽天モバイルが以前から求めていた、電波の周波数帯の再配分の検討を活発化させる動きが起こってきているのだ。これまでは既存の3キャリアに比べてあまり良い条件の枠を与えられていなかった楽天モバイルだが、ついに念願の“プラチナバンド”獲得の可能性が見えてきた。
今回の「再配分検討」の報道で楽天モバイルが得られるであろうメリットや、再配分によって今後どのような展開が訪れるのかを考えていきたい。

周波数帯の配分の見直しが進む?

携帯電話の基地局は、ビルの屋上など街中にも数多く設置されている

 2020年中頃から活発に携帯電話業界の変革を促している総務省は4月5日、周波数帯の再配分を可能にする制度整備のため有識者会議で議論された内容をまとめた。この議論によって携帯電話用周波数帯の有効利用や事業者の新規参入を促し、国民の携帯電話利用がより幅広くより有利な条件を選べるようになることが期待される。

 2020年にキャリア参入したばかりの楽天モバイルとしても、新規参入の障壁となる既存キャリアに抑えられていた好条件の電波を獲得できる大きなチャンスとなるだろう。楽天モバイルは2020年の12月にも、総務省の開催した懇談会で「他キャリアと比べ周波数帯の割り当てが少ない」ことや「電波が届きやすいプラチナバンド(800MHz)帯が割り当てられていない」ことなどを訴え是正を求めていた。一方でドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの既存3キャリアは「再配分が実施されると現在の通信設備の改修に多大な費用がかかってしまう」と反対の姿勢を示している。
 まさに弱点を補い市場競争力を高めたい新規参入企業と、既得権益を手放したくない既存勢力の対立といった構造だ。

楽天モバイル、ついに念願の“プラチナバンド”獲得か? 総務省が携帯電波の再配分整備へのページです。オトナライフは、【iPhone&Androidプラチナバンド楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。