「CrystalDiskInfo」の見方や、SSD・HDDの確認方法を解説!

CrystalDiskInfoの見方をご存知だろうか。CrystalDiskInfoを使えばSSD/HDDの健康状態の確認を行うことができる。CrystalDiskInfoの見方と健康状態の確認方法を紹介するので、ぜひ活用してほしい。

CrystalDiskInfoの見方【健康状態】

 SSDやHDDのなどの健康状態管理ソフトCrystalDiskInfoの見方をご存知だろうか。CrystalDiskInfoでのSSD・HDDの見方を解説するので、SSD・HDDの健康状態の見方でお悩みの方はぜひ、本記事を参考にしてCrystalDiskInfoを使ったSSD・HDDの健康状態の見方をマスターしてほしい。
 CrystalDiskInfoはSSD・HDDの健康状態を誰でも視覚的にわかる見方で表示してくれるソフトだ。CrystalDiskInfoではSSD・HDDの健康状態を正常な場合は「正常」と表示して、健康状態になんらかの注意項目や異常項目がある場合には、「注意」・「異常」と表示してくれる。
 CrystalDiskInfoの「正常」という健康状態の表示については、見方についてとくに目立った項目はなく、対象のSSD・HDDは正常であると判断してもよいが、健康状態が「注意」・「異常」と表示された場合にはそのSSD・HDDについて健康状態の確認が必要だ。
 CrystalDiskInfoにおける、健康状態の見方として、CrystalDiskInfoの健康状態の項目で「注意」・「異常」と表示されたときの健康状態について解説しよう。

【見方①】注意

 CrystalDiskInfoの健康状態項目に「注意」と表示された場合について、実際のSSD・HDDに関する注意事項について説明する。CrystalDiskInfoの健康状態項目で「注意」と表示される場合、CrystalDiskInfoで取得可能な値のいずれかが、CrystalDiskInfoで設定された各種項目の閾値を超過していることが原因である。
 CrystalDiskInfoでは、不良セクタの数などの項目においてある値以上は、健康状態で「注意」と表示するように閾値が設定されている。CrystalDiskInfoでSSD・HDDのいずれかの項目で、CrystalDiskInfoによって設定された閾値を値が超えた場合に、CrystalDiskInfoでの健康状態の表記は「注意」となる。
 なお、CrystalDiskInfoで「注意」と表示された場合でもそのSSD・HDD自体が故障したということにはならない。あくまでも、CrystalDiskInfoで健康状態が「注意」と表示される項目は、CrystalDiskInfo側で設定された値の閾値にSSD・HDDの各種項目の値が到達したというだけだ。

CrystalDiskInfoは、SSD・HDDから取得した値を監視して、各種項目の値がCrystalDiskInfoが各項目ごとに設定している閾値を超えた場合、健康状態を「注意」として表示する。なお、初期状態のCrystalDiskInfoではSSD・HDDから取得したした値について、各項目の値の閾値をデフォルトである一定の値に設定している。そのため、利用しているSSD・HDDによってはCrystalDiskInfoが過剰に健康状態を判断してしまう場合がある

【見方②】異常

 CrystalDiskInfoの健康状態項目に「異常」と表示された場合について、実際のSSD・HDDに関する異常事項について説明する。
 CrystalDiskInfoで健康状態の項目で「異常」と表示されている場合、CrystalDiskInfoで読み取っているSSD・HDDに設定されている値が超過してしまい、「異常」と表示されている。
 つまり、温度や不良セクタなどでそのSSD・HDDメーカーが指定した値を超えた場合、CrystalDiskInfo上では健康状態で「異常」と表示されるのだ。このSSD・HDDはメーカーが想定した寿命を超えており、動作的に「異常」が発生してもおかしくないと言われている状態である。
 そのため、「異常」と判定されたSSD・HDDについてはメーカーが想定している寿命を超過しており、いつ異常が発生してもおかしくないと考えるべきである。

「CrystalDiskInfo」の見方や、SSD・HDDの確認方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCrystalDiskInfoHDDSSDパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。