Chromeユーザー要注意!? 脆弱性修正のアップデートを放置してはいけない理由

WebブラウザでGoogle Chromeを利用している方々は、早急にChromeをアップデートしていただきたい。Chromeを提供しているグーグルが現地時間4月13日に、Chromeに存在していた脆弱性の修正版を公開したのだ。こうしたソフトやOSの脆弱性が見つかり修正されることは、さほど珍しいことではない。しかし当然ながら「珍しくないから放置していて大丈夫」という代物でもないだけに、新バージョンが公開されたらすぐにアップデートすべきだろう。
今回は近年のデジタル技術の発達と、それによるソフト開発会社と悪意あるハッカーのイタチごっこの模様をお伝えしていきたい。

Chromeで脆弱性が修正される

(Image:Evan Lorne / Shutterstock.com)

ChromeはWebブラウザの中でもかなりメジャーなソフトだ

 4月13日にGoogleが公開したのは、Chromeのバージョン「89.0.4389.128」だ。このアップデートでは2点の脆弱性が修正されていると伝えられており、脆弱性の深刻度の評価は2つとも「High」とされChromeを常用しているユーザーは早急にアップデートをかける必要があることが伺える。
 また今回の脆弱性はすでに悪用された報告があるといい、アップデートせず放っておけば私たちもいつ悪意あるハッカーの攻撃を受けるかわからないようだ。この点からも深刻度「High」となったのかもしれない。

 実はChromeでは3月にも脆弱性に対するアップデートが行われており、その際には74個の脆弱性が修正されたと報じられている。

Chromeユーザー要注意!? 脆弱性修正のアップデートを放置してはいけない理由のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle Chromeアップデートセキュリティゼロデイハッカー】の最新ニュースをいち早くお届けします。