「Evernote」の代替サービスを目的別に紹介! 選ぶ時のポイントなども解説!

Evernoteの代わりに利用できる代替サービスを探してはいないだろうか。Evernoteのプラン変更に伴い、Evernoteから別のサービスへの移行を考えている方は少なくない。そこでEvernoteの代替サービスを目的別で紹介しよう。

「Evernote」の代替サービスを選ぶ時のポイント

(Image:Sulastri Sulastri / Shutterstock.com)

 Evernoteは非常に多くの方が支持してきたノートアプリだ。しかし、Evernoteの一部サービスプラン・機能の有料化に伴い、Evernote以外のノートアプリへの移行を考えている方も少なくない。そこで、本記事ではEvernoteの移行先として活用できる代替サービスを紹介するので、Evernoteの代替サービスを探している方はぜひ参考にしてほしい。
 はじめに、Evernoteの代替サービスを探すにあたり代替サービスに求めるサービスや機能などのチェックポイントを紹介する。Evernoteの代替サービスをお探しの方はこれらのサービス・機能のポイントをおさえて自分にあったEvernoteの代替サービスを選択してほしい。

【ポイント①】個人利用か会社利用か

 Evernoteの代替サービスを探すにあたり、まずはEvernoteの代替サービスを個人で利用するのか会社や組織など複数人で利用するのかを決定しなければいけない。Evernoteの代替サービスであるノートアプリの場合、個人の場合は自分自身でサービスの機能などを管理すればよいが、会社利用などで複数人でサービスを利用する場合には、各サービスの機能を一元管理する必要が出てくる。
 サービスによって管理機能の有無や無料・有料で利用できる管理機能が異なってくる場合が多いのでチェックしたいポイントである。

【ポイント②】利用目的を明確にする

 Evernoteと同等の機能を持ったサービスは非常に多くある。だが、それぞれのサービスでどのような利用を想定しているか異なり、各サービスはそのサービスが想定しているユーザーに合わせて機能を開発している。そのため、代替サービスを探す際には自分がどのような利用目的で代替サービスを探しているのかを明確にする必要がある。

【ポイント③】使いたい機能があるか

 前述の通り、Evernoteの代替サービスは非常に多くの種類がある。また、これらのサービスは基本的な機能は当然搭載されている。だが、管理機能等は搭載されているサービスと搭載されていないサービスがある。そのため、代替サービスを検討する際には、検討中の代替サービスに利用したい機能が搭載されているかを確認しなければいけない。これに伴い、自分が代替サービスに求める機能も明らかにしておく必要がある。
 とくに、プログラマーやデザイナーはマークアップの記述やCSSの記述を行うことも多いので各サービスがこれらの言語を認識して、色分け等IDEのような操作感で利用できる機能が必須ともいえる。

【ポイント④】無料/有料かどうか

 Evernoteはプランや機能によって無料版と有料版が存在した。Evernoteの代替となるサービスも多くのサービスには無料版と有料版があり、無料版では一部機能が制限されたり有料版では管理機能が追加されたりする。
 代替サービスを探す際には、無料で利用できる機能で充分であるのかや有料で料金を支払ってもよいのかをしっかりと検討しておく必要がある。なお、代替サービスの有料プランは月額制が主のため、一度有料版で利用を開始してしまうとその後無料版に戻しづらいという側面もある。このような面に目を向けて無料版と有料版を検討してみよう。

「Evernote」の代替サービスを目的別に紹介! 選ぶ時のポイントなども解説!のページです。オトナライフは、【アプリEvernoteGoogle KeepOneNoteSliteメモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。